【初心者向け】「Eメール」と「フリーメール」の違いとは?

【初心者向け】「Eメール」と「フリーメール」の違いとは?

メールをするカップルのイラスト

前回の記事で「WordPress」と「無料ブログ」について説明しました。

ブログをはじめようと思ったけどどのブログサービスを使ったらいいのかお悩みじゃないでしょうか? 今回はこれからブログをはじめよう...

ブログを運営する為にはメールは必ず必要です。

今回はこれからブログをはじめようとしている方に「メール」と「フリーメール」の違いを説明してきたいと思います。

さらにおすすめフリーメールもあわせてご紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

そもそもメールとは

yuubinpost161114

メールというと携帯電話やスマホのメールが、まずあたまに浮かぶ方も多いと思います。携帯やスマホの場合はキャリアメールと呼ばれ、広義でのEメールです。

  • Eメール
  • フリーメール
  • キャリアメール

メールとは上記を総称した電子メールの事です。

それではまずEメールフリーメール(WEBメール)について見ていきましょう。
※キャリアメールはEメールに分類して考えてください

Eメール

パソコンでEメールを送る男性のイラスト

一般的にEメールはインターネットを契約すると、契約したISP(インターネットサービスプロバイダ)からメールアカウントが発行されます(OCN、ビッグローブ、ニフティ、地元ケーブルテレビ等)。

ISPから発行されたアカウントを元に、Windows Live メールThunderberdなどのメールソフトに設定し利用します。

レンタルサーバーを借りてドメインを取得して、好きなメールアドレスで運用することもできます(アットマークの右側を自分の好きな物にできます)。

Eメールのメリット

  • 信用度がフリーメールよりも高い
  • 好きなアドレスを取得しやすい

Eメールは基本的にプロバイダなどの契約に紐づく為、フリーメールに比べ信用度は高いです。

ビジネスで使うメールであれば「独自ドメインでEメール」が一番しっかりした印象を与えることができるので信用度は高いです。ただし小さな会社や、メールアドレスを表にあまり出す必要のない会社の場合は、ISPのEメールでも十分です(そもそも気にしていない人も多いです)。

Eメールのデメリット

  • 設定が面倒
  • 契約しないといけない(=料金がかかる)

送受信を行うパソコンにメールアカウントの設定をしないと使えません。

  • 会社
  • モバイル用

それぞれでメールを送受信したい場合は、それぞれのパソコンで設定をしないと使えません。

<スポンサーリンク>

フリーメール(WEBメール)

スマートフォンのアプリやメールのアイコン

フリーの名の通り無料で使うことができます。サービスに登録するだけで利用することができるので、非常に手軽なメールサービスです。

メールソフトではなくWEBブラウザ(インターネット・エクスプローラーやクローム)から利用することが出来るので、インターネットに接続できる環境であればどこでも使う事ができます。

さらに端末(パソコン、スマホ、タブレット)を選ばず使う事ができるのもポイントです。

フリーメールのメリット

  • ネットにつながればどこでもOK
  • 無料で取得できる
  • 複数メールアドレスを持てる
  • 利用する端末を選ばない

ネットにさえつながればメールの確認、送受信ができるため非常に便利です。無料で複数取得できるのも大きなメリットです。

フリーメールのデメリット

  • 匿名性が高い為、信頼性が低い。
  • サービス停止の可能性もある
  • 好きなメールアドレスを取得しにくい

匿名性が高い為、ビジネスやお仕事にあまり向いていません。

よく起業したての方の名刺などに、フリーメールのアドレスのみが記載されていることがありますが、やはり匿名性が高い為信用されにくいです。独自ドメインやISPのメールアドレスのサブとして使うのであれば、まだいいと思います。

さらに注意点としては、第3者が利用する可能性があるパソコンの場合は、必ずログアウトしましょう。ログアウトしないと、IDとパスワードの漏えいの危険性があるので要注意です。

おすすめフリーメール2選

様々なフリーメールがありますが、以下2つのフリーメールがおすすめです。

Gmail

Gmail

  • 運営:Google
  • 容量:15GB
  • メールアドレス:@gmail.com

言わずと知れたGoogleが運営するフリーメールサービスです。様々なGoogleサービスと連動して利用することができます。

Yahoo!メール

Yahoo!メール

  • 運営:Yahoo!
  • 容量:10GB
  • メールアドレス:@yahoo.co.jp

Yahoo!Japanが運営するフリーメールサービスです。Yahoo!Japanトップページからもワンクリックでメールボックスが開けるので、トップページにYahoo!Japanを登録している方であれば、かなりアクセスがいいです。

どっちがいい?

どっちも登録すべし、です。

私はGmailもYahoo!メールもどちらも使っています。

今でこそグーグルのGmailは浸透していますが、サービス開始時期はYahoo!メールの方が早く1997年スタートなんです。私は2000年くらいにYahoo!メールを取得した気がしますが、なにせ16年も前の事なのでしっかりおぼえていません。

かたやGmailの開始は2004年とYahoo!より少し遅い開始です。しかしGoogleのシェアとともにぐんぐん利用者数を伸ばして、フリーメールのシェアで言うとグーグルがトップくらいになっているんじゃないでしょうか(多分ね)。

メールボックスの容量に差がありますが、フツーに使っていればまったく気にする必要はないです。私が15年以上使っているYahoo!メールは現在150MBくらいです、1年10MBだね。このペースで容量がいっぱいになるまでには、985年かかりますね。

今日のまとめ

「Eメール」と「フリーメール」の違いなどについて説明して参りました。

フリーメールに関しては見た目や使い勝手など、好みがわかれると思います。なのでどちらも一度使ってみて、気に行った方をメインで使っていけばいいと思います。2つあって損することはないですしね。

ということで、これからブログをはじめる方や、メールが新しく必要になった方は参考にしてみてください~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。

スポンサーリンク

仮想通貨おすすめ取引所

これから仮想通貨(暗号通貨)をはじめるなら日本国内の取引所が安心。ハイリスクハイリターン!

初心者におすすめ「Coincheck」

ビットコインをはじめ、豊富な種類のアルトコインを取り扱っている取引所です。シンプルでわかりやすいので、初心者の方に特におすすめです。

※現在NEM盗難事件で新規ユーザー登録制限中です。

自動積立ができる「Zaif」

ビットコインなどの自動積立に唯一対応。ドルコスト平均法でリスクを抑えつつ投資することができます。

BitcoinはじめNEM・MONA・Ethereum も手数料を抑え購入可。少しクセはありますが、慣れたらフツーです。

ビットコインFXなら「bitFlyer」

ビットコインFXといえばbitFlyer。ビットコインでFXなら利用者が多く一番だと思います。取扱量日本一も伊達じゃないでしょう。

FXに自信がある方はココですね。

もっと詳しく知りたい方はこちら

仮想通貨に興味がある方はコチラのカテゴリで、初心者向けにまとめていますので是非ご覧ください。

仮想通貨(暗号通貨)ってなに? という初心者向けの記事です。これからはじめる方、興味がある方はこのカテゴリーからどうぞ。