ビットフライヤー販売所・取引所・Lightning FXの違い。FXやってみた

ビットフライヤー販売所・取引所・Lightning FXの違い。FXやってみた

bitflyer lightning fxのトップページ

最近あまり値動きがないので退屈になってきてしまい、ついに禁断のビットコインFXに手を出してしまいました。いや~我ながら懲りない。

まぁ試してみるのも勉強ですからね。折角なのでまだ使った事が無いビットフライヤーの「Lightning FX」を試してみました。

今回は「ビットフライヤーの販売所・取引所・Lightning FXの違い」についても説明していきます。これを読めばなんとなーく、取引方法がわかるんじゃないでしょうか。

こ、これは・・・。

メラゾーマをくらう予感・・。

出典 bitFlyer

スポンサーリンク
レクタングル(大)

FXはbitFlyer アカウントがあればすぐに利用可

ビットフライヤーの管理画面

「bitFlyer Lightning FX」はビットフライヤーで口座開設していればすぐに使えます。ビットフライヤーの現物口座からFXの証拠金口座にお金を移す必要がありますが手間は全然かかりません。

まぁ初めての場合はこの取引の種類で悩みますね。

ということで、取引形態の違いについて簡単に説明しましょう。

販売所・取引所・Lightning FX の違い

それぞれの取引所で名称が異なり、種類が多いので悩むのが取引形態です。基本的には3種類の形態が多いと思いますが、取引所によって名称が違います。

ビットフライヤーの取引形態

  1. bitFlyerからコインを購入する「ビットコイン・アルトコイン販売所
  2. 利用者同士が板上で売買する「ビットコイン取引所
  3. FXや先物取引と同じような取引ができる「Lightning FX

それぞれの形態のポイントをざっくり説明すると以下のような感じです。

取引形態のポイント

  1. 販売所は固定の価格(一定時間ごとに変動)ですぐに購入できるが割高。
  2. 取引所はユーザー同士で売買するので、割安で購入できるが価格が変動する
  3. FXはレバレッジをきかせて持っているお金以上の取引ができる

なので、安く売買したり取引したければ取引所、一定の数量をまとめて同じ価格ですぐ欲しい場合は販売所、「レバきかせて儲けてやるぜ~」って方はFXってイメージでいいと思います。

今すぐビットコインを買いたい場合でも販売所ではなく、取引所で成行で買った方が安くつくことがほとんどです。

<スポンサーリンク>

ビットコイン販売所とbitFlyer Lightningの違い

ビットコイン販売所とbitflyer fxの違い

ビットコイン販売所はビットフライヤーを相手にビットコインを売買できます。さらに現物のビットコインを持つことになるので、送金したり使ったりすることもできます。

手数料は無料ですが、そもそもの値段が少し割高に設定されていますので、安く買えるわけではありません。あくまで、提示価格で確実に購入できるわけですね。

それに対しLightning FXは、ビットコイン現物と先物・FXが利用できます。FXは証拠金取引なので、実際にビットコインを保有するのとは少し違います。証拠金を元にビットコインを取引し、差益を得るような感じです。

Lightningの現物は実際にビットコイン持つんでしょうかね? これはやってないのでよくわかりませんが、指値やIFDOCOとかの決済ができるって感じじゃないかと。

Futuresは先物ですが、興味が無いので割愛。その名の通りビットコインの先物取引です。

全体的になにやらややこしいので、間違えているかもしれませんが、おおよそこんなイメージじゃないかなと。

FXのレバレッジは最大15倍

レバレッジとは自分の資金よりも大きなお金を動かす事ができます。一時的に借りて大きなお金を動かすイメージです。

なので自己資金10万円であれば、最大15倍の150万円分までレバレッジをきかせて投入する事ができます。そのかわり利益も15倍、損も15倍のハイリスクハイリターンです。

FXの手数料は今のところ無料

取引所では0.15%の手数料がかかります(10万円未満。額により変動)。

参考 bitflyer – 手数料一覧・税

それがFXでの取引であれば、今のところ手数料無料です。いくら取引しても無料です。終了の2週間前には告知するようなので、今ならギャンギャン取引してもOKですね。

手数料がかからないので細かい取引する場合はかなりお得です。

ただしスワップポイントに注意

bitflyerノスワップポイント

出典 bitFlyer – 手数料一覧・税

スワップポイントは0時0分0秒時点で保有している建玉に対してかかります。実質手数料で1BTCを保有している状態で0時を迎えると0.04%を支払わないといけません

現在の1BTC=475,000円(2017/8/18)で考えると190円発生する事になります。これは放置で消費者金融に借りているくらいの金利がつくことになります。外国為替の場合のスワップポイントはどちらもマイナスなことはないので、ここは注意しましょう。

これはどう考えてもデイトレード向きです。長期的にじっくり保有したい場合には向いていませんね。

とりあえず遊びがてらFXでデイトレードやってみた

bitflyer lightning fxの管理画面

ということで「Lightning FX」を実際にやってみました。とりあえず10万円を。

ふむ、思ってたより軽いし使いやすい気がします。チャートも「Cryptowatch」からのデータなので見やすいし、テクニカルも充実しています。

参考 Cryptowatch

IFDOCOなどの注文も可能

ビットフライヤーFXの特殊注文方法(IFD,OCO,IFDOCO)

この辺はFX(外国為替証拠金取引)などと注文方法は同じで「成行・IFD・OCO・IFDOCO」とありますので、FXユーザーの方であればとっつきやすいかもしれません。

練習がてら成行で注文し、その建玉にストップなどをかけようと思ったけどよくわからずあせりました。反対売買の注文を入れておけばいいっぽいです。

若干外国為替とは勝手が違うかなぁ。う~ん、こういうのは慣れるまでが大変なんですよね・・。

とりあえず少額でレバ2倍くらいで遊んでみます。あれだけレバはやめとけっていってたのに・・。

<スポンサーリンク>

今日のまとめ

短期売買で利ザヤを稼ぎたい人にはもってこいのサービスだと思います。ただしレバ最大で逆噴射した日には本当にヤバい事になります。ビットコインの変動率はドル円の10倍らしいです。

ビットコインは一瞬のミスでもメラゾーマで焼かれます。皆様は焼きつくされないように気をつけてください。私はメラくらいのダメージで離脱するつもりです。

やはり「長期ホールドで眺めておくのが身の丈にあってるな」と思った体験でした。皆様もほどほどにどうぞ。

  • 豊富なアルトコインを取り扱うcoincheck
  • 自動積立で仮想通貨を買えるZaif
  • 取扱量最大手のbitFlyer

bitFlyer ビットコイ ンを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

ライトニングFXの操作説明などはこちらの記事で書いています。

案の定スットコドッコイなトレードで、早々にリタイヤを計画している私です。 しばらくビットフライヤーの「Lightning FX...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。

スポンサーリンク

仮想通貨おすすめ取引所

これから仮想通貨(暗号通貨)をはじめるなら日本国内の取引所が安心。ハイリスクハイリターン!

初心者におすすめ「Coincheck」

ビットコインをはじめ、豊富な種類のアルトコインを取り扱っている取引所です。シンプルでわかりやすいので、初心者の方に特におすすめです。

※現在NEM盗難事件で新規ユーザー登録制限中です。

自動積立ができる「Zaif」

ビットコインなどの自動積立に唯一対応。ドルコスト平均法でリスクを抑えつつ投資することができます。

BitcoinはじめNEM・MONA・Ethereum も手数料を抑え購入可。少しクセはありますが、慣れたらフツーです。

ビットコインFXなら「bitFlyer」

ビットコインFXといえばbitFlyer。ビットコインでFXなら利用者が多く一番だと思います。取扱量日本一も伊達じゃないでしょう。

FXに自信がある方はココですね。

もっと詳しく知りたい方はこちら

仮想通貨に興味がある方はコチラのカテゴリで、初心者向けにまとめていますので是非ご覧ください。

仮想通貨(暗号通貨)ってなに? という初心者向けの記事です。これからはじめる方、興味がある方はこのカテゴリーからどうぞ。