知っておくべき仮想通貨の安全な保管方法!要ハードウェアウォレット

知っておくべき仮想通貨の安全な保管方法!要ハードウェアウォレット

Ledger Nano Sのパッケージ

みなさん仮想通貨楽しんでいますか?

取引をしていくうちにコインが増え、安全な保管先を探している方も多いんじゃないでしょうか。

ということで、今回は安全にビットコイン・各種アルトコインを保管できるハードウェアウォレットの説明をしましょう。

なぜ取引所に保管するだけではダメなのか、ハードウェアウォレットの種類・利点、購入時の注意点など、簡潔に説明していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

取引所に置いておくだけでは心配

「仮想通貨取引所だけに預けるのは危険」と促すイラスト

各取引所は顧客の資産である、ビットコイン・アルトコインを守るため高レベルのセキュリティ対策をとっています。しかし、ハッカー達はあの手この手を使って、コインを奪い取ろうとしてきます。

万が一取引所へハッキングがあり、セキュリティがやぶられて顧客の資産が奪い取られたとしても取引所は補償してくれません。

特に取引所でこわいのは、アカウントがハッキングされ、勝手にビットコインなどを送金されてしまう事です。

さらに取引所がどれだけセキュリティを高めていたとしても、取引所が倒産してしまえばすべてが失われます。ビットコインが消失した、マウントゴックス事件が記憶に新しいですね(ビットコインに問題があったわけではない)。

参考 マウントゴックス – ウィキペディア

というわけで、取引所に依存しない仮想通貨(暗号通貨)の保管方法が必要になるのです。

次で紹介するハードウェアウォレットが、今のところ比較的安全な保管方法でしょう。

代表的なハードウェアウォレットは3種類

Ledger Nano S、きっちり梱包されたパッケージ

代表的なハードウェアウォレットはいくつかあります。

この3つが主流でしょう。感覚的なシェア順はトレザー、レジャーが多い感じでしょうか。上記リンクをクリックすると各社公式ページを見ることができます。

今後仮想通貨の普及とともに、新しいハードウェアウォレットも登場するでしょうね。

ハードウェアウォレットについてはこちらの記事でまとめています。

前回ハードウェアウォレットの簡単な説明をしました。 今回は「Ledger Nano S・TREZOR・keepkey」...
<スポンサーリンク>

ハードウェアウォレットの利点(メリット)

メリットと書かれたハードウェアウォレットのイラスト

ハードウェアウォレットには下記にあげる利点があります。

トレザー、キープキーは利用していないので、レジャーナノSベースの説明ですのでご注意を。

取引所に依存せず仮想通貨を保管できる

ハードウェアウォレットの特徴は、ビットコインなどの仮想通貨をオフラインでウォレットに保管することができる点です。これで万が一取引所が破綻したとしてもなにも問題ありません。

取引所に預けているわけではなく、自分のハードウェアウォレット自体に保管しているイメージで考えるとわかりやすいですね。

ビットコイン送金などの際にも物理承認が必要

さらに安全なのは、ビットコインの送金などの際に物理的承認作業が必要な事です。

ハードウェアウォレットは、物理的にデバイスと承認作業が揃わないと送金できません。万が一PCがウイルスに感染しても、勝手に送金されることはないわけです。これが安全と言われる所以です。

簡単に言うと「ビットコインなどを送る場合は、ハードウェアウォレット本体の物理ボタンを押さなければ送れない」わけです。

複数PCでももちろん利用可能

家のデスクトップPCとノートPCのどちらでも利用する、という使い方ができます。

クロームのデスクトップアプリをインストールし、レジャーナノS本体を接続して使います。なのでPCにアプリをインストールさえしてしまえば、どちらで利用することももちろん可能です。

ただし、職場のパソコンや、第3者のパソコンなどでは絶対に利用しないようにしましょう。

ハードウェアウォレットの注意点(デメリット)

デメリットと書かれたハードウェアウォレットのイラスト

デメリットなしに見えるハードウェアウォレットですが、もちろん注意しなければならない点もあります。

それは管理が複雑になることです。取引所であれば、取引所提供のウォレットを使うだけですので、特に深く考える必要がありません(そもそもウォレットを意識しない)。

ですがハードウェアウォレットはしっかり理解して使わないと取り返しがつかない事態になる場合があります。

セルフGOXしかねない

ハードウェアウォレットはリカバリフレーズやリカバリシードの管理が重要になります。間違えて初期化してしまったり、壊れてしまったりした場合でもフレーズやシードがあれば復元することができます。

しかしそれがわからなくなってしまったり、間違えていたりすると二度と復元することはできなくなってしまいます。イコールその中に保管しているビットコインやアルトコインは二度と戻ってくることはありません

これはマウントゴックス倒産事件になぞらえて、セルフGOXと言ったりします。自力で資産を取り出せなくなる事態は絶対に避けなければいけません。

取扱説明書を読んだり、解説している色々なブログの説明を見ても全く意味がわからない方は簡単に手を出さない方がいいでしょう。リスクと管理の手間を考えて選択しましょう。

ebay・ヤフオク・メルカリでは絶対購入しない!

ネットオークションで悪だくみをする出品者のイラスト

保管することに焦って「ebay・ヤフオク・メルカリ」などのオークションで購入するのはやめましょう。なぜなら、事前にウイルスなどを仕込まれている可能性が排除できないからです。

※ebay・ヤフオク・メルカリが怪しいわけではないので誤解なきよう

TREZORに関しては封印シールが付いているので未開封かどうか確認できます。しかし、レジャーナノSはビニールパッケージされているだけなので、後からごまかそうと思えばできてしまうかもしれません。

このような問題もあり出所が怪しい物を買わないのがベターです。

<スポンサーリンク>

Ledger Nano S はテックビューロが正規代理店

レジャーナノSの箱、裏側

私は対応通貨が多く、価格もお手頃な Ledger Nano S(レジャーナノS)を購入しました。お値段9,000円くらい。

日本ではZaifを運営するテックビューロが仏 Ledger社と提携し、日本正規代理店になっています。

ただし現在は仮想通貨人口が爆発的に増え、品切れの状態が続いています。

どうしてもほしいなら仏レジャー社から買いましょう

どうしてもほしい場合は、フランス Ledger Nano S 公式サイトから購入しましょう。58ユーロで販売されています。送料はColissimoで23.7ユーロ、UPSで49.81ユーロです。

配送日数はコリッシモで「7-21日」、UPSで「3-5日」のようです。急ぎの場合はUPSでしょう。

しかし、今まで海外から買ったり、売ったりしましたが配送日は結構アバウトです。おおよその目安と考えた方がいいでしょう(最近香港から購入した商品はUPSでピシャリ届いたので、だいぶ正確になってきたのかもですが)。

参考 仏レジャー社HP https://www.ledgerwallet.com/

今日のまとめ

ということで、イメージしにくいハードウェアウォレットもなんとなくわかっていただけたんじゃないでしょうか。

仮想通貨に関しては、まだまだ自衛するしかないのが現状です。今後段々と整備は進んでいくと思いますが、対策をしておくことに越したことはありません。

是非参考にしていただき、自分の仮想通貨を安全に保管して下さい。次回の記事で各種ハードウェアウォレットの対応通貨をまとめたいと思います。

参考

Ledger Nano Sは仏ledger社から直接購入するか、日本正規代理店のEARTH SHIPから購入することができます。英語が苦手な方は、以下リンクのEARTH SHIP日本代理店の方がおすすめです。



アマゾンでも買えます。

トレザーも人気です。

キープキーはスタイリッシュでデザイン性はかなり高いですね。かっこいいし視認性も抜群です。

関連記事

最短で取引をはじめるにはコインチェック。豊富なアルトコインを扱っています。

遅ればせながら仮想通貨をはじめてみました。 今回は、初心者にもやさしいという「coincheck」に口座を開設。早速Bitoc...

自動積立で、楽チン投資ができるのはザイフです。

皆様こんにちは。前回のcoincheckに続き、Zaif(ザイフ)でも口座を開設しました。 何と言ってもZaifでは仮...

大手株主がバックについていて安心の、ビットフライヤーの記事はこちらです。

coincheck、Zaifに続き「bitFlyer」にも口座を開設しました。 取扱っているコインの種類は、ビットコインとイー...

手数料も安く豊富な量のアルトコインを取引するならポロニエックスです。

アメリカの仮想通貨取引所「POLONIEX」でアカウントを作成し、取引を開始しました。 なぜなら国内の取引所「coinchec...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。

スポンサーリンク