大和米国リートの解約方法!毎月の分配金は元本取崩しのハリボテ商品

大和米国リートの解約方法!毎月の分配金は元本取崩しのハリボテ商品

大和証券ホームページトップ

大和米国リートを知人の紹介ではじめて、早2カ月がたちました。紹介していただいた胡散臭いFPと一悶着ありまして、早々に解約する運びとなりました。

大和米国リートの毎月分配金は、大部分が元本取崩しの特別分配金です。これでは利益がでるかどうかも怪しいところですね。

愚痴はまたの機会にまとめたいと思います。せっかくなので「大和米国リート」の解約(換金)方法をご説明しましょう。

画像引用 大和証券

スポンサーリンク
レクタングル(大)

大和米国リートの解約方法

解約方法と言っていますが、ただ単に保有している大和米国リートを売却するだけです。

それでは方法を説明していきましょう。

大和証券ホームページを開きログインする

大和証券ログイン画面

大和証券ホームページの右上のログインボタンをクリック。支店コード、口座番号、パスワードを入力しログインしましょう。

管理画面の「残高/履歴」を開く

大和証券ログイン後の画面

管理画面上部の「残高/履歴」をクリックします。

保有証券一覧をクリック

大和証券の主要口座お預かり資産

上部タブ、保有証券一覧をクリック。

トータルリターンも見れます

国内投資信託保有状況

「トータルリターンはこちら」をクリックすると現在のトータルリターンが確認できます。

投資信託トータルリターン確認画面

あれ? 前回思ってたのとマイナス金額が違います。思っていた金額より少ない。ん~、解約後の金額はまた報告することにします。わかりにくいから仕方ない。

換金をクリックすると売却に進みます

国内投資信託保有状況

換金をクリックすると、換金口数を指定する画面へ遷移します。

換金確認画面

売却口数を手動入力しましょう。全部売るのであれば、保有残高全部です。

ちなみに「解約請求・買取請求」の項目はどちらでもよいです。以下、説明。

解約請求と買い取り請求の違い

2008年末までは税制上、課税の違いがあったけど、今は関係ないということです。

2009年って9年前ですけど、その時からこのインターフェースは変わっていないって事ですかね。どちらでもよいのであれば、項目をなくしてよい気がしますがね。釣った魚には餌をあげないのでしょう。

確認画面で暗証番号を入力

最終決定画面

売却口数を入力し解約請求を選択し(お好きな方で)注文内容を確認をクリックすると最終確認の画面になります。

ここで契約時に決めた暗証番号を入力します。

そうすると解約完了です。

15時までの注文であれば、当日の基準価額で翌日決済されるような感じですね。

今日のまとめ

ということであっさり解約は完了しました。売却代金は6日後に入金されるようです。

結局買付手数料3万円ちょっと、目減りした分のマイナスで終了です。投資はこんな短期間で結果がでるものではないのは重々承知しています。

ですが、これは保有しているだけ無駄かなと思いました。今後利益が出ていくかもしれませんが、スタート早々手数料負けして、下がり続けていくものなんて楽しくも何ともありませんからね。

さようなら大和証券、今生の別れとなることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仮想通貨「ダメ。ゼッタイ。」www

これから仮想通貨(暗号通貨)をはじめるなら日本国内の取引所が安心。ハイリスクハイリターン!

初心者におすすめ「Coincheck」

ビットコインをはじめ、豊富な種類のアルトコインを取り扱っている取引所です。シンプルでわかりやすいので、初心者の方に特におすすめです。

※現在NEM盗難事件で新規ユーザー登録制限中です。

自動積立ができる「Zaif」

ビットコインなどの自動積立に唯一対応。ドルコスト平均法でリスクを抑えつつ投資することができます。

BitcoinはじめNEM・MONA・Ethereum も手数料を抑え購入可。少しクセはありますが、慣れたらフツーです。

ビットコインFXなら「bitFlyer」

ビットコインFXといえばbitFlyer。ビットコインでFXなら利用者が多く一番だと思います。取扱量日本一も伊達じゃないでしょう。

FXに自信がある方はココですね。

もっと詳しく知りたい方はこちら

仮想通貨に興味がある方はコチラのカテゴリで、初心者向けにまとめていますので是非ご覧ください。

仮想通貨(暗号通貨)ってなに? という初心者向けの記事です。これからはじめる方、興味がある方はこのカテゴリーからどうぞ。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。