【沖縄記2】観光必食のお店、那覇市のジャッキーステーキハウス!

【沖縄記2】観光必食のお店、那覇市のジャッキーステーキハウス!

ジャッキーステーキハウスの店舗外観

「那覇に行ったら絶対食べとけ」の名店です。ゆいレール旭橋駅近くの「ジャッキー・ステーキ・ハウス」!

テレビとかでもよく具志堅さんとか具志堅さんが紹介しているイメージです。

ここのステーキは絶品。いつも那覇降りたったら、そのまま直行です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

戦後の1953年にオープンした超老舗

ジャッキーステーキハウスのポスター

ジャッキですよ。ジャッキー。

店内は結構広く、テーブル席が結構たくさんあります。

ジャッキーステーキハウスの店内

店内での待ちスペースはそんなにないので、基本的には外まで行列ができます。

一番待ちが少ないのは、開店前に並んでおくことですね。

メニューは名物のステーキから軽食まで

どこか懐かしさを感じる、電光のメニュー

この電光タイプのメニューはなんだか懐かしきものをかんじますね。

アメリカンな店内もまた雰囲気があります。

まずはステーキ食べましょう

ステーキのメニュー

絶対食べておいた方がいいのは、もちろんステーキ。

まだテンダーロイン(ヒレ)ステーキしか食べた事ありませんが、めちゃんこおいしいです。15回くらい食べたら、ニューヨークステーキも食べてみることにします。

軽食やランチもあります

ステーキ以外の様々なメニュー

ステーキ以外にもアメリカっぽいランチがけっこうあります。

みそ汁の値段の謎を見つけた方は素晴らしい。ググれば納得です。

<スポンサーリンク>

テンダーロインステーキセット

独特の味がするスープ

まずはスープがきます。

これがまた独特のスープなんです。うまく説明できませんが、なんか粉っぽいけどクセになるというか。う~む、難しい。

「ジャッキーステーキハウス スープ まずい」なんてグーグルで予測候補が出てくるもんだからタチが悪いですね(笑)まずいってほどはないと思いますが。

この味も多分ジャッキーなんだと思います。

レアでテーブルに運ばれてきたテンダーロインステーキ

はい!

これテンダーロインです。もちろんレアで攻めましょう。

テーブル横に並ぶ調味料

テーブルサイドにあるこの辺の調味料をかけて食べます。このドリーム No.1 もジャッキー用のソースで沖縄だけですね。

コレ以外にも塩、しょうゆがあります。まずは、塩でしょう。そして色々なソースで楽しみましょう。

鉄板にのったテンダーロインステーキのアップ

どーん。

・・・。

切った画像がございません。

Fin。

今日のまとめ

と、言う事でジャッキーステーキハウスのステーキはおすすめです。

まずは那覇に着いたら、ステーキ食べてパワーをつけましょう。なかなかの行列店ですので、時間と体力に余裕を持って行きましょう!

リンク ジャッキーステーキハウス

地図 沖縄県那覇市西1丁目7

次の記事

沖縄、那覇と言えばジャッキーステーキハウスです。ジャッキーと言えばステーキです。 しかーし、ランチも侮ってはいけません...

ひとつ前の記事

ジメジメする梅雨は沖縄に逃げるに限ります。 ということで、沖縄旅行記などをダラダラ書いていきたいと思います。ブログの記事に意味...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仮想通貨「ダメ。ゼッタイ。」www

これから仮想通貨(暗号通貨)をはじめるなら日本国内の取引所が安心。ハイリスクハイリターン!

初心者におすすめ「Coincheck」

ビットコインをはじめ、豊富な種類のアルトコインを取り扱っている取引所です。シンプルでわかりやすいので、初心者の方に特におすすめです。

※現在NEM盗難事件で新規ユーザー登録制限中です。

自動積立ができる「Zaif」

ビットコインなどの自動積立に唯一対応。ドルコスト平均法でリスクを抑えつつ投資することができます。

BitcoinはじめNEM・MONA・Ethereum も手数料を抑え購入可。少しクセはありますが、慣れたらフツーです。

ビットコインFXなら「bitFlyer」

ビットコインFXといえばbitFlyer。ビットコインでFXなら利用者が多く一番だと思います。取扱量日本一も伊達じゃないでしょう。

FXに自信がある方はココですね。

もっと詳しく知りたい方はこちら

仮想通貨に興味がある方はコチラのカテゴリで、初心者向けにまとめていますので是非ご覧ください。

仮想通貨(暗号通貨)ってなに? という初心者向けの記事です。これからはじめる方、興味がある方はこのカテゴリーからどうぞ。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。