レジャーナノSのビットコイン送信・受信方法!管理画面の見方

レジャーナノSのビットコイン送信・受信方法!管理画面の見方

googleアプリに並ぶLedger App

前回レジャーナノSの初期設定をしました。

前回レジャーナノS本体や、付属品をまじまじ観察してみました。 今回は、レジャーナノSを早速パソコンにつないで設定してい...

初期設定が終われば、あとはもう少しです(初期設定の方がはるかにたいへん)。残すは、グーグルクロームにアプリをインストールするだけです。

今回はBitcoinウォレットの見た目がどんな感じなのか、送受信の方法など、インターフェースについて説明しましょう。

これを読めば、ハードウェアウォレットの全体像がイメージできるようになるでしょう。

イチ初心者ですので、あくまで参考程度にお願いします。仮想通貨の消失やトラブルなど、すべての責任は一切負いませんし、負えません。
スポンサーリンク
レクタングル(大)

レジャー社、公式ページからアプリをインストール

ledger社、公式ダウンロードページ

レジャー社公式ページよりアプリをインストールしましょう。

参考 Leger Apps ダウンロードページ

Bitcoin、Ethereum、Rippleとそれぞれダウンロードする必要があります。

「Ledger Manager」は必ずダウンロードしないといけないわけではないです。ですが、追加のアルトコインに対応させたり、ファームウェアアップデートをする場合は必要です(たぶん・・・)。

Nano S を接続する

ledger wallet bitcoinの起動前の画面

無事にアプリのインストールが終わったら、実際にアプリを起動してみましょう。

基本的にはクローム上部の、ブックマークバーに「アプリ」とあります。インストールが完了すれば、その中に追加されます。

もしないような場合はクロームのアドレスバーに「chrome://apps/」と入力し「Enter」で表示できます。

「Ledger Walleにつなげ、ロックを解除します。」と表示されますので、Nano S 本体を接続します。Wallet の「t」が抜けているのはご愛嬌です。

<スポンサーリンク>

本体でビットコインを選択する

ledger nano sに表示されたビットコインのアイコン

本体側のボタンを押し、ビットコインにあわせます。そして必殺2つボタン同時押しで決定です。

ledger wallet bitcoinの起動中の画面

すると、同期がはじまります。そんなに時間かかりません。

ビットコインウォレットを起動した後の画面

使用可能状態の時の本体表示はこんな感じ(アレ? 画像はイーサかもです)。

Use wallet to view accounts.
アカウントを表示するにはウォレットを使用します。

管理画面が表示される

レジャーウォレット、ビットコインの管理画面

無事同期が完了すると、管理画面が表示されます。

右上が入っているビットコインと、日本円換算。下の方には送受信履歴が表示されます。※アドレスは消してます

基本操作は上部の「口座・送信・受信」だけ使えれば大丈夫だと思います。設定はほぼ使わないかと。

ビットコイン送信方法

レジャーウォレット、ビットコインの送信画面

金額と送金先アドレスを入力します。ちなみにMAXをクリックするとウォレットに入っている全額にすることができます。取引手数料は基本そのままでOKです。

入力したら最後に「送信」をクリック。トランザクション確認中の画面がでますので、その後は本体を確認しましょう。

ナノS本体で承認しないと送信されない

ナノSはPC画面上で送信した後に本体側の操作も必要になります。本体物理ボタン左がキャンセル、右が承認という感じ。なので右ボタンを押して送信完了です。

そしてPC画面で送信完了になればOKです。

<スポンサーリンク>

ビットコイン受取アドレス

レジャーウォレット、ビットコインの受診画面

Ledger Nano S にビットコインを送る場合は「受信」を開きます。

上部赤枠部分に、自分のウォレットのアドレスが表示されます。なので、ウォレットに保管したい場合はこのアドレスに送ればOKです。下の赤枠はQRコードが表示されます。

アプリの終了方法

ウォレットを終了する時の画面

アプリを終了する場合は、本体側を操作します。

右ボタンを押すと、メニューが切り替わります。「Quit app」にあわせ、2つボタン同時押しで終了できます。

あとはPCからNano S 本体を取り外しましょう。

ハードウェアの取外しは表示されない

USBなどの外部デバイスをPCから取り外す場合は、通知領域から「ハードウェアの取外し」操作をするのが教科書通りの手順です。

例のごとく同手順で取り外そうとしましたが、通知領域にもエクスプローラーにも表示されません。なので、アプリを終了したら取り外していいんじゃないかと思っています(というか、ないですしね)。

今日のまとめ

ということで、管理画面のイメージはできたんじゃないでしょうか。私も、この管理画面を見るまでは、ハードウェアウォレットのイメージがあまりできませんでした。

なんかややこしそうですが、実際に使ってみるとブラウザを使うのと同じ感覚で利用できます。

保有するビットコイン、アルトコインが増えてきた方は一度検討してみると安心できるかもしれませんね。

関連記事

Ledger Nano S イーサリアム&クラシックの管理画面についてはこちらの記事で書いています。

前回レジャーナノS でのビットコイン管理画面を説明しました。 今回はイーサリアムと、イーサリアムクラシックについて説明...

Ledger Nano S レジャーアップのライトコイン管理画面はこちら。

今回は、ビットコイン・イーサリアム・クラシック・リップルに続き、Ledger Nano S でのLitecoin(ライトコイン)の保...

Ledger Nano S  リップル(XRP)管理画面はこちら。

これまでLedger Nano S での、BTC・ETH・ETC・LTCの管理画面や、送受信方法を説明をいたしました。 今回は...

参考

Ledger Nano Sは仏ledger社から直接購入するか、日本正規代理店のEARTH SHIPから購入することができます。英語が苦手な方は、以下リンクのEARTH SHIP日本代理店の方がおすすめです。



アマゾンでも買えます。

トレザーも人気です。

キープキーはスタイリッシュでデザイン性はかなり高いですね。かっこいいし視認性も抜群です。

関連記事

ハードウェアウォレットってなに? って方はこちらの記事で書いています。

みなさん仮想通貨楽しんでいますか? 取引をしていくうちにコインが増え、安全な保管先を探している方も多いんじゃないでしょうか。 ...

人気のハードウェアウォレットについてはこちらの記事で書いています。

前回ハードウェアウォレットの簡単な説明をしました。 今回は「Ledger Nano S・TREZOR・keepkey」...

最短で取引をはじめるにはコインチェック。豊富なアルトコインを扱っています。

遅ればせながら仮想通貨をはじめてみました。 今回は、初心者にもやさしいという「coincheck」に口座を開設。早速Bitoc...

自動積立で、楽チン投資ができるのはザイフです。

皆様こんにちは。前回のcoincheckに続き、Zaif(ザイフ)でも口座を開設しました。 何と言ってもZaifでは仮...

大手株主がバックについていて安心の、ビットフライヤーの記事はこちらです。

coincheck、Zaifに続き「bitFlyer」にも口座を開設しました。 取扱っているコインの種類は、ビットコインとイー...

手数料も安く豊富な量のアルトコインを取引するならポロニエックスです。

アメリカの仮想通貨取引所「POLONIEX」でアカウントを作成し、取引を開始しました。 なぜなら国内の取引所「coinchec...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仮想通貨「ダメ。ゼッタイ。」www

これから仮想通貨(暗号通貨)をはじめるなら日本国内の取引所が安心。ハイリスクハイリターン!

初心者におすすめ「Coincheck」

ビットコインをはじめ、豊富な種類のアルトコインを取り扱っている取引所です。シンプルでわかりやすいので、初心者の方に特におすすめです。

※現在NEM盗難事件で新規ユーザー登録制限中です。

自動積立ができる「Zaif」

ビットコインなどの自動積立に唯一対応。ドルコスト平均法でリスクを抑えつつ投資することができます。

BitcoinはじめNEM・MONA・Ethereum も手数料を抑え購入可。少しクセはありますが、慣れたらフツーです。

ビットコインFXなら「bitFlyer」

ビットコインFXといえばbitFlyer。ビットコインでFXなら利用者が多く一番だと思います。取扱量日本一も伊達じゃないでしょう。

FXに自信がある方はココですね。

もっと詳しく知りたい方はこちら

仮想通貨に興味がある方はコチラのカテゴリで、初心者向けにまとめていますので是非ご覧ください。

仮想通貨(暗号通貨)ってなに? という初心者向けの記事です。これからはじめる方、興味がある方はこのカテゴリーからどうぞ。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。