手数料無料でドルをすぐに送る方法!SBI銀行でドル両替→SBI証券へ

手数料無料でドルをすぐに送る方法!SBI銀行でドル両替→SBI証券へ

SBI証券トップページ、入金ボタン

住信SBIネット銀行で円をドルに替え、SBI証券に送ると1ドルあたり10銭コストを抑えることができます。※2017年6月現在

やり方は簡単なんですが、頻繁にやらないので忘れてしまいそう。

ということで、手数料無料で住信SBIネット銀行からSBI証券にドルを送る方法を解説します。

手数料無料で即時反映なので便利です。

出典 SBI証券

スポンサーリンク
レクタングル(大)

外貨即時入金方法

以下で外貨即時入金の方法を説明していきます。

SBI証券からスタート

SBI証券トップページ、入金ボタン

住信SBIネット銀行からではなく、SBI証券から操作を行います。

ログインし、赤枠で囲った「入金」か上部の「入出金・振替」をクリックします。

外貨入金を選択

入金指示の外貨入金ボタン

サイドメニューより「外貨入金」をクリック。

今回は住信SBIネット銀行ですが、以下の銀行で利用することができます。

外貨即時決済できる銀行一覧

通貨と振込金額を入力

外貨入金詳細入力画面

保有する外貨を選択し、振込金額を入力します。

そして取引パスワードを入力します。ここで注意なのがSBI証券の取引パスワードということです。

何回か住信SBIネット銀行の取引パスワードを入力したのは内緒です。

確認画面

外貨入金の確認画面

この時は10万円分のドルがあったので、即時振込。

振込指示をクリックすると、SBI銀行へのログインへ移ります。

住信SBIネット銀行へ移行

住信SBIネット銀行への即時入金ログイン画面

住信SBIネット銀行の ID・PW でログインします。

チェックを入れ取引パスワードを

住信SBIネット銀行即時決済サービス確認画面

赤枠2か所の確認をし、チェック。そしてWEB取引パスワードを入力しましょう。

こちらはもちろんSBIネット銀行のWEB取引パスワードです。

完了

即時決済サービス、外貨入金振り込み受け付け画面

これで完了です。

履歴も見れます

住信SBIネット銀行「外貨入金」即時振込サービス、振込指示完了画面

紹介をクリックすれば履歴も見れます。

SBI証券、入金履歴画面

なんか最近ほっぽらかしで、全然米国ETFを買っていません。

外貨即時入金の概要

外貨即時入金確認画面

出典 SBI証券 – 外貨即時入金

振込手数料は無料で、余力への反映は即時です。即時です。即時?

反映はされたけど・・

即時反映はされましたが、当日の買付余力には反映されていなかったなぁ。1営業日後に反映されるようでした。

この辺はよくわかりませんが、翌営業日なのかもですね。それか夜にやったから、翌営業日になったのかもしれません。

1日動くと大変な相場でもないので、別に問題ないですが。

<スポンサーリンク>

今日のまとめ

SBI銀行からSBI証券にドルを送るのは簡単ですので、コストを抑えるためにやってみましょう。

「手間よりも手数料を払うよ」って方は、SBI証券で円で直接米国ETFを買う事もできるので、そちらの方が楽です。

関連記事

住信SBIネット銀行で、少し安く円からドルに替える方法はこちらの記事で書いています。

NISA口座も無事開設完了し、やっとETF購入の準備が完了です。 4月25日が無事に終わり、北朝鮮情勢が少しだけ落ち着きました...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仮想通貨「ダメ。ゼッタイ。」www

これから仮想通貨(暗号通貨)をはじめるなら日本国内の取引所が安心。ハイリスクハイリターン!

初心者におすすめ「Coincheck」

ビットコインをはじめ、豊富な種類のアルトコインを取り扱っている取引所です。シンプルでわかりやすいので、初心者の方に特におすすめです。

※現在NEM盗難事件で新規ユーザー登録制限中です。

自動積立ができる「Zaif」

ビットコインなどの自動積立に唯一対応。ドルコスト平均法でリスクを抑えつつ投資することができます。

BitcoinはじめNEM・MONA・Ethereum も手数料を抑え購入可。少しクセはありますが、慣れたらフツーです。

ビットコインFXなら「bitFlyer」

ビットコインFXといえばbitFlyer。ビットコインでFXなら利用者が多く一番だと思います。取扱量日本一も伊達じゃないでしょう。

FXに自信がある方はココですね。

もっと詳しく知りたい方はこちら

仮想通貨に興味がある方はコチラのカテゴリで、初心者向けにまとめていますので是非ご覧ください。

仮想通貨(暗号通貨)ってなに? という初心者向けの記事です。これからはじめる方、興味がある方はこのカテゴリーからどうぞ。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。