仮想通貨が安全に!コインチェックとビットフライヤーが補償開始予定

仮想通貨が安全に!コインチェックとビットフライヤーが補償開始予定

お金を守る警備員のイラスト

「仮想通貨に興味はあるけど、ややこしそうだしハッキングの被害がこわい。」と、二の足を踏んでいた方に朗報です。

国内の仮想通貨取引所の「Coincheck・bitFlyer」が不正引き出しに対する補償を開始します。これでアカウントハッキングの不安から少し解放されますね。

簡単に概要を説明していきましょう。

※サービス開始時期に関しては各公式サイトでご確認ください。現在はリリース予定段階です。
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コインチェックは上限100万円まで補償

「不正ログインにかかる損失」を最大100万円まで補償する内容の通知。

coincheckは、東京海上日動火災保険と連携し「不正ログインにかかる損失補償」を開始します。開始時期は月内となっているので、2017年6月中ということですね。

1回の請求で100万円とのことです。このあたりは正式リリース後の約款を見ないと詳しくわかりません。まだサービスリリース前ということですね。

特に日本円に限定されているわけでもなさそうなので、仮想通貨の不正送金なども補償の対象になるんじゃないでしょうか?

出典 Coincheck – ユーザーアカウントへの「不正ログインにかかる損失」を最大100万円まで補償。取引所Coincheckにおける「なりすまし」補償を開始

条件は二段階認証必須!

仮想通貨取引所「Coincheck」にて二段階認証を設定しているユーザーアカウントを対象に不正ログインされたことによって被る損害を補償いたします。

補償の対象は二段階認証を設定しているユーザーだけです。

当たり前ですね。そもそも二段階認証を設定していない人は、あまりにもセキュリティに対する意識が甘いです。

現在利用されている方で、二段階認証を設定していない方は、猛ダッシュで設定してください。

ビットフライヤーは上限500万円まで補償

メールアドレス・パスワード等の盗取による不正出金被害の補償の通知するビットフライヤー

国内ビットコイン取扱量最大手、bitFlyerも不正出金被害の補償を開始します。三井住友海上火災と保険契約を締結です。

2017年6月1日からリリースのようですね。補償上限額は以下。

区分(不正な日本円出金発生時点) 補償上限額
円換算100万円超の二段階認証登録者 500万円
上記以外の二段階認証者 10万円

円換算100万円を超える資産が無い場合の補償は10万円と、少し心もとない感じです。

「日本円での出金のみ」なので注意

リリースされた文書を読んで少し気になるところがありました。

利用者がメールアドレス・パスワード等を盗取され、不正に日本円で出金された場合に補償金を支払う

と、あります。日本円ね。

日本円で出金された場合に補償金を支払うということは、ビットコインで送金された場合は支払われないということでしょうね。不正アクセスであれば、日本円で出金ではなくビットコインなど仮想通貨で送金しそうなもんですけどね・・。

文書をしっかり読んでみましたが、明確に記載されていませんでした。

ビットフライヤーは大手で安心ですが、この辺は「う~ん」って感じです。大手がよくやるみせかけだけ充実したサービスで、実質使いものにならない補償に感じてならないです。

現時点での補償サービスに関してはコインチェックの方が、幅広くユーザーに対して考えられている内容に感じます。

出典 bitFlyer – 国内初 仮想通貨取引利用者のメールアドレス・パスワード等の盗取による不正出金被害の補償を開始 

<スポンサーリンク>

仮想通貨の今後

仮想通貨(暗号通貨)にはまだまだ懐疑的な人が多いと思います。ですがブロックチェーン技術により、世の中の仕組みが大きく変わろうとしているのは事実です。

これまで安泰と思われていた企業や、技術なども消えていくものが増えるでしょう。近い将来、銀行や信用金庫などの金融機関に経営統合の嵐が吹き荒れているかもしれませんね。

お金儲けではなく、技術的に興味がある方は少額の五千円でも、一万円でもいいのではじめてみると理解が深まるのではないかと思います。使ったお金以上に得るものがあるはずです。

今日のまとめ

補償を開始したと言っても、リスクがすべてなくなったわけではありません。補償内容もまだまだ十分とは言いきれない気がします。

ただ、このような流れは仮想通貨に大して大きな追い風となると思います。今後も自主ルール、サービス拡充、法規制が続くでしょうね。

これからはじめる方にとっては、少し安心できるニュースでしたね。今後に期待です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。

スポンサーリンク