「龍馬1865」おすすめNo.1無添加ノンアルコールビール!キレあり

「龍馬1865」おすすめNo.1無添加ノンアルコールビール!キレあり

段ボールをあけた龍馬1865をヴィンテージ風に加工した画像

ビールをやめたいけどやめられない。そんな方に今回は飲み比べの末に辿り着いた、無添加ノンアルコールビール「龍馬1865」をご紹介します。

今のところこれが一番しっくりきていて、ケースで絶賛まとめ買い中です。お酒(特にビール)をなかなかやめられない方、本格的なノンアルコールビールはいかがですか?

それではいってみよ~。

アルコール絶ちの経緯

アル中の叔父さんのイラスト

私は、年間365日晩酌をするような人間でした。365日は言い過ぎですが、たまに風邪ひいたり体調を崩した時に飲まないくらいでした。

お酒飲み始めて二十年近くと考えると、アルコールの総摂取量もかなりのものでしょう。そろそろ節制しなくては、と思いノンアルコールビールに置き換える事に決めました。

大手ノンアルは添加物が多い

食品添加物のイラスト

ノンアルコールビールが登場した初期は、なかなかまずかったんですが、最近のノンアルはなかなかクオリティが高いです。

味もそこそこビールっぽく、結構満足できます。しかし、ある日ふと原材料を見ると、添加物が多い。ノンアルコールビールとは名ばかりの「ビール風飲料」ということに気付きます。

よく飲んでいたのは、以下。

大手ではオールフリーが添加物少なめ

ずーっと飲んでいたのは、サントリーのオールフリーです。国内大手メーカーが出しているのノンアルの中では添加物が少ない方です。一番少なそうだったのは、サッポロプレミアムフリーでした。

入っているのはこんな感じ。麦芽、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、苦味料、甘味料(アセスルファムK)。

アサヒ ドライゼロにいたっては、麦芽やホップすら入っていません。

入っているのは、食物繊維、大豆ペプチド、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)。

まぁそれでビールっぽい味なのですごいといえばすごいですけどね。

こりゃいかん、ということで無添加ノンアルコールビール「龍馬1865」に辿り着きました。

龍馬1865が一番ビールっぽかった

龍馬1865ノンアルコールビールをヴィンテージ風に加工した画像

無添加ノンアルもいくつかありました。ヴェリタスブロイやブローリーってところですね。

ヴェリタスブロイは少々酸味がある感じですね。KALDIとかにも売っています。

ブローリーは完全ノンアルではなく、1%未満。その分少し重みがあります。

そしていくつか試してみて、一番しっくりきてビールっぽかったのが日本ビールの「龍馬1865」でした。他のも全然おいしかったですが、龍馬が一番好みにあったってだけです。

ネットでまとめ買い

龍馬1865の24缶ケースの段ボール

ということで決まれば早い、まとめ買いです。350ml24缶入りを2ケースどん。

価格も普通のノンアルとかわりません。

段ボールをあけた龍馬1865

以前はよくある6缶ごとに紙のやつにはいってたんだけど、今回のはないですね。

段ボールからとりだしたノンアルコールビール

さすがに手入れじゃないでしょうしね。紙削減でしょうか。

龍馬1865のネーミングについて

龍馬1865ノンアルコールビール

その名のとおり、坂本龍馬です。

長崎に商社を創業し、グラバー氏との取引を始める。その交友からビールを譲り受け、初めてビールを飲んだ年が1865年といわれています。

このような歴史があるようですね。なので商品名が「龍馬1865」なわけです。

ドイツ麦芽100%の本格ノンアルビール

机に立てたドイツ麦芽100パーセントノンアルコールビール

ドイツ麦芽100% ノンアルコールビール

「まさにビールを飲むが如し」のキャッチコピーにも負けません。

ビールの本場、独逸麦芽。安心のプリン体ゼロ、添加物ゼロ。ゼロゼロ尽くしです。

麦芽、ロースト麦芽、ホップのみ

ドイツ麦芽100パーセントノンアルコールビールの原材料

原材料は、麦芽、ロースト麦芽、ホップのみです。これはアルコールが入っていないだけで本物のビールとかわりません。

販売者が日本ビール株式会社です。製造は別のどこかなんでしょうね。一応HPによると日本で生産しているようです。

日本ビールの商品ラインナップは少しクセがあります。坂本竜馬、吉田松陰、近藤勇、土方歳三、高杉晋作、大隈重信などの偉人シリーズとかね。

お世辞にも見やすいとは言えませんが、以下のHPで見れます。

日本ビール株式会社のAll Lineup 全商品一覧です。チリビール、モヒート、チンタオ、ヴァイエンステファンなど各種ビールを取り扱っています。

ドイツ麦芽100パーセントノンアルコールビールのキャッチフレーズ

  • 運転中に
  • 仕事中に
  • 休肝日に

アルコール分0.000%で安心なのはわかりますが「仕事中に」というはなんだかウケます。

飲んでみた

よしっ、それではジョッキに注ぎましょう。

KIRINジョッキですみません。

ドドドーっと、ビールは初めに高いところからわざと注ぎ泡を作ります。そのあとに静かに注げばお店の生ビール並のものが作れます。

国産大手のノンアルは注ぐとすぐに泡が消えてなくなりますし、キメも荒い。それはホップがないからですね。ホップは泡立ちにも関係するのです。

龍馬は普通のビールと同じなので、結構キメ細やかな泡になるし、すぐには消えません。これぞビールの如しですね。

ビールジョッキに注いだ龍馬1865

ゴクゴク飲んでみると、なかなかビールのようです。アルコールがないのでビールのような重さまではないですが十分すぎるほどビールです。

これはなかなかいいんじゃないでしょうか。晩酌に限らず、暑い日の昼にグビッと一杯いけますし、運転もできちゃいますね。

アマゾンで買いましたが、楽天もそこまでかわりませんでした。

好みはあると思いますが、無添加ノンアルコールビールにある、酸味が効きすぎた感は全然ありませんでした。

これを超えるのがない限り、飲み続けるでしょう。

今日のまとめ

適度なお酒(ビールなら500ml、焼酎なら1合)であれば、体に良いとされています。しかし、飲み過ぎは毒でしかありません。

惰性で酒を飲んでいましたが、ノンアルコールビールをうまくはさみ、今では週に2日程度しか飲まなくなりました。

毎日飲んでいる時には気付けなかった「お酒のおいしさ、楽しさ」にもあらためて気づくことができました。すごくよかったと思っています。

ノンアルコールビールもなかなかいいですよ~! 是非一度お試しください。

こっちはまだ飲んだことないですが、レモン果汁がはいったレモンフレーバーノンアルコールビール。今度注文してみます。

レモンビール実際に飲んでみました。記事はこちら。

みなさん肝臓休めてますか~。 ということで、無添加ノンアルコールビール「龍馬1865」の日本ビールが販売する、レモンビール「龍...

関連記事

龍馬1865ってなになに? という方はこちらです。今のところ常備して飲んでいる無添加ノンアルコールビールです。

ビールをやめたいけどやめられない。そんな方に今回は飲み比べの末に辿り着いた、無添加ノンアルコールビール「龍馬1865」をご紹介します...

日本メーカーも少しずつ本気を出してきたようです。

ノンアルコールビールには少し口うるさい気がするだけの私です、こんにちは。 いつも飲むのは無添加ノンアル「龍馬1865」か「ヴェ...

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。