泡盛は久米島の久米仙がうまい。焼酎好きなら泡盛も好きなはず

泡盛は久米島の久米仙がうまい。焼酎好きなら泡盛も好きなはず

沖縄に遊び行くまでは泡盛なんて全く飲みませんでした。

ジメジメする梅雨は沖縄に逃げるに限ります。 ということで、沖縄旅行記などをダラダラ書いていきたいと思います。ブログの記事に意味...

それが今や普通に泡盛飲むんだからなぁ。やっぱり「久米島の久米仙」が一番すきでございます。

琉球泡盛

琉球泡盛。う~ん、いいねぇ。

泡盛の瓶verは独特のサイズで4合(720ml)でもなく600mlです。もともとアメリカの瓶がなんとかかんとか、って理由だったと思います。

まぁこまけぇことはいいんだ。

久米島の久米仙うまい

久米島の久米仙。今はトライアルとかにも普通に売ってるので重宝してますが、この久米仙はちゃんと沖縄国際通りのぼったくり少々お高いお値段で買った現地モノです。

詰口2016年w

(押し入れに眠ってた)

このグラスも琉球グラス(っていうんだったっけ?)。

久米島久米仙うまし。原料は米(泡盛はタイ米だったと)なので、さっぱり飲めます。芋焼酎のくっせーの飲んでる民は余裕でさっぱり飲めます。

泡盛は度数高くキツいイメージだけ先行している気がしますが、結構さっぱりしていて飲みやすいです。基本30度、または25度ですし。

あ、古酒は除きますがw

今日のまとめ

ということでワタクシは泡盛と言えば久米島の久米仙です。残波も人気ありるので飲み比べてみると楽しいかもですね。

ちなみに久米島の久米仙とは別に、久米仙って泡盛もあります。商品名が久米仙だけのやつは久米仙酒造の泡盛なので別でございます。

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。