【沖縄記5】国際通りでスイーツといえば沖縄生まれのブルーシール!

【沖縄記5】国際通りでスイーツといえば沖縄生まれのブルーシール!

牧志公設市場へ続くアーケード商店街にあるブルーシール

沖縄でスイーツと言えば「ブルーシール」で決まりです。

沖縄生まれ沖縄育ち、元祖アイスクリームのブルーシール。沖縄でサーティワンって言ったら「なにそれ?」です(嘘です沖縄もバスキンロビンス健在です。他意なし)。

ということで日本全国あるところにはあるブルーシールですが、これは是非ご当地モノホンのお店で味わいましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

沖縄伝統ブルーシール

ブルーシールアイスクリームの店内

沖縄中心に展開するブルーシールアイスクリーム。1948年に沖縄県うるま市で創業のアイス屋さんです。日本各地にちらほら、店舗はあります。

以外に知られていませんが、サーティワンは世界に展開するバスキン・ロビンスと不二屋の日本合弁企業です。

サーティーワンではなく、サーティワンです。短く切ると一気にタイ感が。これを知ってしまうとイントネーションが「サ」から動かせなくなること請け合いです。

そんなサーティワンの浸食を全力で食い止めているのがブルーシールなのです。頑張ってほしいものです。

ブルーシール、アイスダブル

店内で汗ダラダラ流しながら、ムシャムシャ食べます。スプラッシュブルーが目まで涼しくしてくれる代物です。

ホームページといい、メニューといい清涼感とアメリカ感はズバ抜けています。

【当ブログおすすめ仮想通貨取引所】
  • bitbank ←安定の国内No.1取引所
  • Coincheck ←アルトコインが豊富
  • GMOコイン ←大手GMOグループ
  • BINANCE ←海外大手&コイン400種
  • Gate.io ←海外大手&コイン1000種

商店街にもベストマッチ

牧志公設市場へ続くアーケード商店街

アイスを食べて、程良く冷えたらそのまま牧志公設市場に向かいます。独特の東南アジア感が漂うマーケットです。

牧志公設市場へ続くアーケード商店街にあるブルーシール

市場へ向かう途中にも、沖縄感満点のブルーシールを発見。人気ですよ。間違えてもう一度食べそうになりました。

この馴染む感じ、素晴らしきかな。

<スポンサーリンク>
【当ブログおすすめ仮想通貨取引所】
  • bitbank ←安定の国内No.1取引所
  • Coincheck ←アルトコインが豊富
  • GMOコイン ←大手GMOグループ
  • BINANCE ←海外大手&コイン400種
  • Gate.io ←海外大手&コイン1000種

今日のまとめ

伝統のブルーシールアイスクリーム。沖縄に行った際は、是非足をお運びくださいませ。

なにがおすすめかなどは存じ上げませんので、公式サイトをご参考下さい。

参考 沖縄のブルーシールアイスクリーム|公式サイト

さらにはアマゾンで買えちゃったりします。少し試してみたい方は12個入りくらいがコンパクト。ちんすこうアイス・紅いもアイス・サトウキビアイスなんてブルーシールならでは。

36個入りのアメリカンボリューム大容量パックもあり。

次の記事

ブルーシールで冷えた体も、外に出ると一瞬で汗だくになります。さすが沖縄。 今回は最強にアジア感溢れる、牧志公設市場をご紹介しま...

ひとつ前の記事

ジャッキーステーキハウスで腹ごしらえも終わり、いざ国際通りへ。まずは観光初日にお土産を買いに行きます。 毎度のことですが、お土...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。

スポンサーリンク