Coincheckの貸仮想通貨に申請するも1か月以上貸し出しされないお話

Coincheckの貸仮想通貨に申請するも1か月以上貸し出しされないお話

Coinchek貸仮想通貨サービストップページ

ゴールデンウィークもあっという間に終わりましたね。仕事せずに利息や配当だけで生活したいもんです。

コインチェックに貸出申請していたイーサリアムですが、結局1か月以上(40日)待てど一向に申請許可されずです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

XRP以外も貸出承認まで時間かかる模様

「コインを貸す」際の注意事項

貸仮想通貨(レンディング)はコインチェック銘柄なら全部申請可能です。ですが上記画像の「※」にもあるようにRipple(XRP)はすぐに貸出できないようです。

見にくいので「※」部分を以下抜粋↓

※現在Ripple(XRP)は、弊社で想定している借入上限を超える貸出申請をいただいており、これから申請していただく方は、承認までにしばらくお時間を頂戴することになると想定されます。その他通貨での申請はスムーズにご案内することが可能でございますので、是非、ご検討くださいませ。

まぁリップル、というかXRP保有者はガチホの人が多いので貸出する人が多いのもうなずけます。置いとくくらいなら預けて利息もらった方がいいですもんね。

GOXリスクもマネックスのcoincheck買収によりだいぶ下がったと思います。私は結構安心してんだよね。昔のままなら絶対貸し出さないしw

手始めにイーサリアムを貸し出してみることに

と、話はそれましたが「XRP以外はスムーズなんじゃ?」ということで手始めにイーサリアム(ETH)を貸し出してみることに。

コインチェックレンディングへ申請したイーサリアム

3月27日にイーサリアムを貸し出し申請。以前一度貸出申請しましたが、1週間くらいではうんともすんとも反応ナシ。なので今回はしばらく忘れることに。

・・・。

・・・。

仮想通貨の厳冬時代を迎えログインするのも月に1度程度。見事に忘れてました。

そして思い出したかのようにログインしてみましたが、40日経った現在も申請承認されていませんでした。だよねー(笑)

まぁね、メールもこないしそうだろうとは思ってましたよ。承認されたことないけど、貸出OKになったらメールくるだろうな、と。

同じ銘柄を追加で貸出するとどうなるのか?

1か月以上たってもレンディング申請がとおらないので、追加でイーサを入れてみた

まぁ1か月以上経つわけで、「もういいかなぁ」と思いました。ですが、せっかくなので追加で同じ銘柄(今回はイーサリアム)を貸出申請したらどうなるのか、再度追加申請してみました。

結果、上記画像のとおり、別枠での申請になった模様です。う~む・・・。

しかも今じっくり見てみると「未約定金額」ってなってますね。これって全量貸出できず、一部の貸し出しになる場合もあるってことですよね?

ということはなんだか税金計算が面倒になるパターンやな。極力税金計算はシンプルにしたい派なのです。確定申告で懲りた・・。

<スポンサーリンク>

まだまだこれからのサービスですね

キャンセルして追加したイーサリアム

ということで、面倒なのでいったんキャンセル。先着順での承認なのであれば、行列の並びなおしとなりますね orz

もうどっちでもよくなったので、キャンセルでもよかったんだが。まぁそれもつまらないので、いったん両方ともキャンセルし、再度申請してみました。

これでもし40日以内に承認されれば、ちょっと数量が多い方が有利とかならんかな(笑)まぁ本当はバラけて気持ち悪かっただけなんですけどね。。

今日のまとめ

下落が続く仮想通貨の冬。こんな時こそ貸した仮想通貨で稼ぎたいもんですが、そううまくはいかないですね。

もう少し仮想通貨が浸透していけば、多少景色はかわるかもね。10年後には「クリプトアセット金利で生活」なんて本が発売されるくらいなってるとおもしろいな、なんてね(笑)

ま、逆に崩壊して無に帰してる可能性も大いにありますが。。

ではでは今回はこんなところで。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。

スポンサーリンク