Macbookっぽい薄いWindowsPCをお探しの方はコレ!【Vostro 5568】

Macbookっぽい薄いWindowsPCをお探しの方はコレ!【Vostro 5568】

完全に開けた状態のvostro15 5000(5568)

買う前に徹底的に調べたおして買った後はお腹いっぱいになってさわらなくなる私です、こんにちは。

今回はそこそこデザインもよく、コスパがいい10万円以内で買えるウィンドウズPCをご紹介しましょう。値段もお手頃なのに持ち歩いてもカッコイイパソコンをお探しの方、コレなんていかが?

Dell Vostro 15  5000(5568)」、余すことなくご紹介しましょう。

(※記事後半に最大25%オフクーポンあります)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

まえがき

前回MacBookっぽいシュッとした薄いパソコンがほしいということで色々リサーチしてみました。そしてやっとこ購入に至ったわけです。

17.3インチHPパソコンのヒンジがブチ折れてアロンアルファで接着して使っている私です、こんにちは。 そろそろ新しいパソコンが...

なんと、あれだけ薄くてかっこいいパソコンをピックアップしておきながら、買ったのは候補にすら上がっていないデルの別PC(笑)!!

(決してデルがダサいというわけではございません)

いやぁこれがね、デザインも値段も値段も値段もよかったんですよ(笑)いや~値段だな。やっぱりまだ私には10万円以上のパソコンは早いね。安くてデザインそこそこが一番。

先に言っときますがMacbookには敵いません。値段の割には結構いいんじゃないかってお話しで、タイトルは釣り気味です。

久しぶりのデルPC購入

デルのパソコンが入った段ボール

ん~久しぶりにデルのパソコンを購入しました。デルでは累計10台目くらいでしょうかね。私は仕事用とプライベートで複数台のパソコンがあります。ちなみにデルPCは、法人用と個人用が混ざっているんですが、これが面倒くさい。故障などの場合に非常に困るわけです。

個人用法人用の問い合わせ先でたらいまわしされます。いやぁ本当にデルクソ面倒。「そのまま電話転送してくれよ」と思いますが、かけなおしを案内されたりします。ま、そこは仕方ないと理解しておりますがやっぱりね。

デルの法人サポセンはもう少し頑張ってほしいね

法人用のサポセンは日本にあり、対応してくれるのも日本人です。個人用は中国の大連につながります(たぶん今もかと)。

これがねぇ、今まで電話した感想で言うと中国人のオペレーターの方が顧客マインドあふれる対応をしてくれます。こちらが言っていない事まで提案してくれたり(購入時)、色々対応してくれます。少なくともサポセンの対応では中国の方がよい気がします。日本ももっと頑張ってほしいものです。

しょっぱなから愚痴を炸裂させましたが、結構長い事使っているユーザーの一人なので今後の改善に期待です。それと今回2台購入したし、宣伝するので勘弁して下さい(笑)

<スポンサーリンク>

【スペック&値段】Dell Vostro 15 5000(5568)

今回購入したのは法人用ノートパソコンのVostroです(個人で買いたい方は後半参照)。ボストロ。ざっくりスペックはこんな感じ。お値段はVostro用20%オフクーポンを利用し「約10.8万円→86,400円」位で買えちゃいました。

Vostro 15  5000(5568)
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU 第7世代 Core i5 7200U(3M、3.1GHz)
メモリ 8GB
ストレージ 256GB SSD
ディスプレイ 15.6 フルHD(1920×1080)ノングレア
保証 3年間引取修理に変更

ウィンドウズアップデートを自分のタイミングでできるプロと悩みましたが、それ以外は特に欲しい機能がなかったのでホームにしました。オフィスはなし。

スペックのラインは「Core i5、メモリ8GB、フルHD」を満たしていればOK。グラフィックも迷いましたがフォトショさわるくらいなのでオンボードでいいのかなと。性能とコスパを考えるとターボブーストがきくi5が丁度よい気がします。通常の処理ではi7いらないしね。

リンク Intel最新のKaby Lakeは、i5もi7も大して変わらない(ほとんどの人にとっては) | ギズモード・ジャパン

「Core i5」か「Core i7」で悩んでいる方はこの辺のブログで詳しく説明されているので参考にしてみるといいかもですね。まぁ目的が無いかぎり「Core i5」で十分だと思いますがね。

リンク Core i7-7500UとCore i5-7200U、Core i3-7100Uの性能や違いは?Kaby Lake-Uの主要CPUを比較 – こまめブログ

リンク あらためて考える、Core i5とi7のどちらを選ぶべきか問題 | ちもろぐ

電源のやつもコンパクトになったもんですね

vostro15 5000(5568)と同梱品

おまえいつ時代のノートパソコン使ってんだよ感がありますが、現在使っているものと比べるとかなりコンパクト。これくらいだったら持ち運びも許容範囲ですね。

同梱されているのは電源ケーブルと紙が2枚。

注意テープでっか(笑)

注意書きのテープが貼られたバッテリーケーブル

気をつけてほしいのはわかりますが非常にデカくて邪魔くさい。ということで速攻撤去。

注意シールをはがしたケーブル

はい、スッキリ。はじめに撤去しておかないと後日ベトベトになるやつです。

<スポンサーリンク>

 開封!! やっぱり薄い

vostro15 5000(5568)本体。シャンパンゴールド

さてさて箱から出す時点で「結構薄いではないか」と思っていましたが、やはりなかなか薄い。前回の記事で紹介した鬼薄PCに比べるとアレですが、これはこれで現実的な薄さ。

ただし薄いからかDVDドライブはなしですのでご注意を。

寸法
高さ: 19.2 mm 幅380 mm 奥行き: 252.5 mm
重量: 1.98 kg

19.2ミリですが、数字で見るより薄い気がします。ヒンジ部にかけてあまり厚みが増さないからかな。

 落ち着いたゴールド

カラーはプラス1,080円払ってジングルゴールドってーのにしました。これまでブラック・ブラウン・シルバーと落ち着いた色味の物しか買った事がないのでたまには金ぴかりんを。

vostro15 5000(5568)本体中央部のDELLロゴ

ジングルゴールドはまぁシンバルのようなゴールドって事みたいです。一般的に言えばシャンパンゴールド的な感じじゃないでしょうかね。結構淡いゴールドなのでギラギラ感はないです。

ビジネスで使っていてもそんなに嫌味ないと思います。

他にはグレーとナイトブルー(+1,080円)があります。

マイナスポイント:ゴールドの色味が違う・・

vostro15 5000(5568)の裏面

画像がアレなのでわかりにくいと思うんですけど、本体側と天板側のゴールドの色が違います。本体側は結構しっかりしたゴールド。濃いといいますかね、そんな感じ。しかし上のディスプレイ側は薄いゴールド。

ちょっとよく見て下さい。

薄さが際立つvostro15 5000(5568)の正面の厚み

ほれ。

全然わからん。

いや、ほらよく見て。上の方がうっすら薄いでしょ? 光の加減とかではないです。う~ん、これはなんだか15点くらいマイナス評価です。「なんで全体の色が同じじゃないねん」と。

これだけが不良品かと思いましたが、ウェブで他のレビュー画像とかみてもやっぱり違うっぽいね。ま、仕方ない。安いからね。安いパソコンは「安いから仕方ない」と思うのが落とし所です。

<スポンサーリンク>

バッテリーは取り外せないタイプ

このモデルは簡単にバッテリーを取り外せないモデルになっています。もしバッテリーを外したい場合はデル、オーナーズマニュアルをどうぞ。

リンク Dell | バッテリーモジュールの取外し – Vostro15 5568 オーナーズマニュアル

ヒンジ部のみ黒

vostro15 5000(5568)のヒンジ部分の厚み。ヒンジ部のみ黒い樹脂

ヒンジ部のみ黒でございます。現在メインで使っているHPの17.3インチは2点ヒンジで負荷がかかりすぎ割れてしまいました。なのでこのスタイルのヒンジの方が強そうですね。

しかし薄い。よいではないか。

左サイド

vostro15 5000(5568)の左側側面

左側から順に電源ポート、LANポート、HDMI、USB3.0ポート2つ、ヘッドホンです。電源ケーブルはこちら側ね。

左側のUSB3.0端子のみ、PC起動せずUSB充電用に使えるPowerShare対応。iPhone差してみたけど充電できませんでした。ん~まだよくわかっておりませんが、デバイス側が対応していないとダメなのかしらね。

リンク USB PowerShare 機能 | Dell 日本

<スポンサーリンク>

右サイド

vostro15 5000(5568)の右側側面

左から順にSDカード系、USB2.0、USB3.0、VGA端子、セキュリティロックスロット。VGA端子があるので、プロジェクターにつなぐ機会が多いビジネスマンも安心です。

開いた状態

開いた状態のvostro15 5000(5568)

開いた状態はこんな感じで、結構質感もよいです。すっきりシンプル。ただしMacBookほどのアルミ一枚削り出しユニボディの高い剛性感はありません。

あくまでガワはそれぽいって感じ。十分でしょう。

完全に開けた状態のvostro15 5000(5568)

最大で開くとこれくらいの角度ですので、普通に使用する分には全く問題ないです。

キーボード、トラックパッドまわり

高級感のあるアルミヘアライン加工のキーボード面

キーボード天版はアルミのヘアライン加工的な感じです。

キータッチ感はHPの方が好みかな。なんか押し心地が安っぽい。例えが難しいですが、遊び多いというかね。カチャカチャ感があります。なんかすぐ壊れそうだけど大丈夫? まぁ3年の延長保証にしたからしばらくは大丈夫かな。

それとグローバルモデルを強制的に日本向けにしているので、バックスペースやエンター右シフトなどが連結キーで独特です。これが嫌いな方はデル以外がいいと思います。

もちろんキーボードは日本向けです

ちなみにデル公式HPの商品画像は英語圏のキーボードになっています。エンターがシフトキーくらいに小さいんです。

実は買う前はそれで躊躇していたんです。しかし他の方のレビューを見ると、今回購入したタイプじゃないですか。「それならアリか」と購入したわけです。

日本向けは一応このキーボードのなのでまぁ英語圏の小さいエンターではないので、キーボードで迷っていた方はご安心を。

しかしエンターキーとかかなり重要なんだけどなぁ、日本で売る気ある? デルさん。すべて共通化でコスト削減はわかりますが、せめてキーボード部分の画像くらい製品ページにほしいものです。全部絶妙な角度で見えないわっ(笑)

追記:キーボード最悪です

しばらく使ってみましたが、本当にタイプミス増えました。メインマシーンでタイプ系頻度が多くバリバリ仕事をしようと思っている方はやめたほうがいいと思います。

エンターとバックスペースが小さい。

これ本当に改善してほしい。日本はエンター命なんです。

<スポンサーリンク>

タッチパッド部分は高級感あり

ダイヤモンドカットが施されたトラックパッド

タッチパッド(トラックパッド)部分は、ダイヤモンドカットとかいうやつで結構いい感じに高級感を醸し出しております。

iPadとかのフチをイメージするとわかりやすいかな?

マウス左ボタンの部分を押している状態

クリックし心地はそこそこまとも。クリックできるところとセパレートになっていないタイプでこの押し心地ならそれなりに合格点な感じです。実際安いノートPCのこのトラックパッドはスッカスカで使えたもんじゃないやつも多いですからね。

ただしドラッグする際などは結構左下をクリックしないと反応しないので慣れがいりそうです。

細部の作りは甘い

Core i5 7th GENとかかれた第7世代CPU Core。筺体部分に少し隙間も見える

本体部分に隙間があります。左側のはピッチリなっていたのでまぁデフォルトの隙間ではないですね。この辺はやはり値段なりの雑さはあります。マックブックの削り出しにはかないません。だからアップラーはみんな高いお金だして買うのね、と。

インテルはいってるシールも斜めっ!! 斜めに貼るならいらないんだけどなぁ。シール同梱にしてほしい。i5アピってどうする感ありますし。

後ほど熱風の計に処します。

上からの全景

真上から撮影したvostro15 5000(5568)

なんですかね、全体的に色が変に写っていますね。手前のエッジはもう少し直線的な方がカッコ良い気がしますがね。

あとこの家紋のごとき「丸にデル」はちょっとダサいですね。Dellの文字だけ開けた時に左下とか右下にあるくらいがシンプルでいいと思うんだけどなぁ。

まぁこの辺もベースがあるので、コストダウンのためにそのままなのかね? よくわかりませんが、デザイン的にはHPに大きく劣る気がします。

本体全部にランプ

vostro15 5000(5568)正面にあるランプ

なんのランプ? アクセスランプ? まだじっくりさわっていないのでよくわかっておりません。

しばし使ってみましたがアクセスランプではないかな。SSDでアクセスランプがあるモデルとかあるのかな? このへんは初SSDなのでよくわかりません。

※充電中に点灯するだけっぽいです

Win10のプライバシー設定ダダ漏れです

windows10設定画面

Windows 10 の初期設定は簡単設定のまま進むとプライバシーダダ漏れ設定が適用されます。

詳細設定にして位置情報からなにからオフにしましょう。まぁそんなに気にする必要はないと思うんですが、個人的には勝手に情報収集されてる感がいやなので全力でオフにします。

 少し使った感想

全体的な使い心地は合格です。フルHDがいいと言っておきながら、実際15.6インチでFHDを使ってみると「文字ちっちぇぇ」ってなったのは内緒です。

あとSSDめっちゃ爆速www

これはHDDに戻れない気がします。SSD登場のころより狙っておりましたが、一抹の不安がありましたもので移行していなかったのです。ですが、最近のSSDはそれなりに安定してるっポイし、寿命もHDDよりもいいんじゃない? みたいな感じになってきたのでSSDデビューしたわけです。

リンク 実はHDDより頑丈だよ。SSDの耐久性と寿命のすごさ | ちもろぐ

とりあえず、まだメインPCが生きてるのでサブPCとして使っていきますがいずれメインに昇格する予定です。

お値段も安くなかなか良い買い物でした。ちなみに法人モデルはPCリサイクル料が含まれていませんのでご注意を(個人向けPCは購入時の価格に含まれている)。

20%オフクーポンでVostro買えます

デルの法人向けPCラインであるVostroですが、なんと20%オフクーポンが使えます。私も20%割引で購入しました。10.8万円が8.6万円くらいで買えたわけですからなんとお得か。

ちなみにデルの法人向け製品は、法人以外に個人事業主も買うことができます。個人事業主は個人名を屋号としてお仕事されている方も多数いらっしゃいますからね(フリーランスの方とかをイメージすればわかりやすいかな?)。

法人向けと言いつつ誰でも買えるってこ・・・。そういうことです(私はちゃんと事業用ね)。

ということで個人名で購入することも可能ですので、気になる方はどうぞ。以下のリンクから最大25%オフクーポンを取得することができます。ちなみにVostroは20%オフです。

割引リンク 法人様向け製品限定クーポン

デル株式会社

今日のまとめ

ということでデザインもよくコスパがよい「Vostro 15  5000(5568)」を買っちゃったのお話でした。

なんだか結構批判しちゃった部分も多くありますが、それを踏まえても十分コスパのよいノートパソコンです。これからパソコンを買う方は選択肢の一つにいれてもよいと思います。

デルは似たモデルやラインナップで構成が違うので購入の際はお気を付けくださいませ。次回はもう一台のノートPCをご紹介しまーす。

続きはコチラ。

近頃のパソコンは本当に安くなりましたね。驚くばかりです。 今回は超コスパがいい激安ウィンドウズPCをご紹介しましょう。値段もお...

5568と3568の薄さ比較の記事はコチラです。

最近購入した、Dell Vostro15 3000(3568)と5000(5568)の薄さを比較してみました。 Vostro1...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。

スポンサーリンク

仮想通貨おすすめ取引所

これから仮想通貨(暗号通貨)をはじめるなら日本国内の取引所が安心。ハイリスクハイリターン!

初心者におすすめ「Coincheck」

ビットコインをはじめ、豊富な種類のアルトコインを取り扱っている取引所です。シンプルでわかりやすいので、初心者の方に特におすすめです。

※現在NEM盗難事件で新規ユーザー登録制限中です。

自動積立ができる「Zaif」

ビットコインなどの自動積立に唯一対応。ドルコスト平均法でリスクを抑えつつ投資することができます。

BitcoinはじめNEM・MONA・Ethereum も手数料を抑え購入可。少しクセはありますが、慣れたらフツーです。

ビットコインFXなら「bitFlyer」

ビットコインFXといえばbitFlyer。ビットコインでFXなら利用者が多く一番だと思います。取扱量日本一も伊達じゃないでしょう。

FXに自信がある方はココですね。

もっと詳しく知りたい方はこちら

仮想通貨に興味がある方はコチラのカテゴリで、初心者向けにまとめていますので是非ご覧ください。

仮想通貨(暗号通貨)ってなに? という初心者向けの記事です。これからはじめる方、興味がある方はこのカテゴリーからどうぞ。