スタンスミス買うなら断然オリジナル!ABCモデルとの違いを比較

スタンスミス買うなら断然オリジナル!ABCモデルとの違いを比較

スタンスミス(グリーン)斜め前方ショット

やっぱりアディダスっていいですね。スタンスミスかっこいい!しかし買うとなったら2種類あって悩みませんか?

ということでオリジナル復刻版スタンスミスと、ABCマート限定の廉価版スタンスミスを比較して違いを検証してみました。

お買い求めの際の参考にどぞっ。これを読めばどちらを買えばいいのか答えは出ますとも。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

まえがき

さてさてどうでもいい事ですが、私はアディダス、バンズ、ニューバランスが好きなんです。コレ以外ほぼ買わない。

んで今回はスタンスミスの購入にあたり、オリジナルの復刻版と廉価版のABCマート限定版を比較してみました。画像は面倒なので雑処理です。

「そもそもスタンスミスってなに?」って方はまずこちらのリンクから予習です。

リンク スタン・スミスさん、モデルになった伝説のアディダスのスニーカーについて教えて下さい。|ファッションインタビュー(流行・モード)|VOGUE JAPAN

ちなみに私はオリジナル復刻モデルを購入したので、オリジナル推し目線での記事となっております(笑)

比較画像は全てABCマートさんのHPから引用させて頂きました。左側がオリジナル、右側がABCマートモデルと見てもらえばわかりやすいはず!

リンク ABC-MART.net

価格差

スタンスミス(オリジナル vs ABCモデル)価格比較

まずは値段の差ですね。オリジナル復刻モデルは15,120円、ABCマート版は9,612円です。

価格の違いはやはり材質でしょうかね。しかしお値段約1.6倍。オリ復版の方はABC版の1.6足分です。高いっ!

<スポンサーリンク>

素材の違い

スタンスミス(オリジナル vs ABCモデル)材質比較

価格差がかなりありますが、レザーの材質でしょうね。あと人工皮革使ってるか。右のABCマートモデルにも天然皮革が使用されていますが、廉価レザーということでしょう。

オリジナル復刻版は「最高にやわらかい上質なタンブル仕上げのレザー」です。詳しく知らんけど上質レザーってこと(笑)

オリジナル復刻は天然皮革のみ。

オリジナルの方がシュっとしたフォルム

スタンスミス(オリジナル vs ABCモデル)斜め前方画像比較

フォルムとしては断然オリジナルの方がすっきりしています。ABCモデルは履き心地を重視したのかずんぐりしたフォルムになってる気が。昔のスーパースターの時もだったなぁ。

皮の具合ですが、オリジナルは少しシワ感があるレザーです。ABCモデルはツルっとした感じ。この辺は好みがわかれそうですね。

私はオリジナルの方が高級感があり、ABCモデルは少々安っぽく感じました。

オリジナルの方がクリーム色

スタンスミス(オリジナル vs ABCモデル)横画像比較

スタンスミス(オリジナル vs ABCモデル)ソール面画像比較

比べてみると差は歴然。左のオリジナル復刻モデルのソールはクリーム色、右のABCモデルは真っ白ですね。

横から見るとフォルムの差もわかりますね。ABCの方がヒール含め背が高く、タンも厚い。これがずんぐり感を出しているものと思われます。

もともとはテニスシューズとして誕生しているわけでだな、シュっとしていたいのだよ。

<スポンサーリンク>

ABCモデルはタンがふかふか

スタンスミス(オリジナル vs ABCモデル)後ろ画像比較

右のABCモデルのタンを見てもらうとわかりますが、ふっかふかです。オリジナル復刻はレザーそのまま。この辺がもっさりフォルム。よく言えば女の子フォルム。

旧スーパースターのタンもですが、あとからでる廉価復刻のやつはたいていタンがふかふかです。これが個人的には嫌なんですよね。

あとソールもガチっとしてますね。ヒールはABCモデルの方が背が高いです。

オリジナル復刻モデルを買ってみた!

オリジナルスタンスミスの箱

ということでそもそもオリジナル復刻モデルを買うのは決まっていた出来レースです。バンズより高いけど、ニューバランスより安いからな、と念じましょう。

オリジナルスタンスミスに入っていたスタンスミスのポストカード

なんかA4サイズくらいのスタンスミスポストカード的な。あ、A4だからポストカードではないな(笑)

スタンスミス(グリーン)斜め前方ショット

あ~、やっぱり皮の質感が違う。

よい。やわらかひ。

スタンスミス(グリーン)サイドショット

こんな感じで少しシワもあります。以前ABCマートでABCモデルを見ましたが、ツルっとしてましたもんな。

ソールのクリーム色は現実世界で見ると、極端に違いがあるほどではないような気がします。ソールのクリーム色がクラシック感を出してる感じ。

スタンスミス(グリーン)バックショット

ヒールパッチもシボシボ。背も低めでカックイイ。タンももちろんスッキリ。

ちなみにABCモデルは緑色のヒール部分もツルツルです。よく言えばスッキリきれい。悪く言えば安っぽい。

結論:お金に余裕あるならオリジナル復刻!

ということで比較と言いながらオリジナル復刻をおすすめする展開となりました。いや、どうせ履くならシュっとしたかっこいいのがいいじゃないですか。

個人的にアディダスの復刻系は、廉価モデルはあまり好きではありません。どうしても履き心地とコストダウンに焦点が当てられていますからね。

オリジナルの再現性が高い方が好きです。履いていいて気持ちいいと言う自己満だけどね。

<スポンサーリンク>

今日のまとめ

スニーカーは大事に履けばかなり長持ちします。

値段をとるかオリジナル再現性をとるか決めきれない方は、実際にABCマートに行って実物を見てなやみましょうぞ!

ABCマートオンラインストアならどちらもあります。

リンク ABC-MART.net

アマゾンとか楽天でももちろんあります~。ネットで買う時はオリジナルとABCモデル間違えやすいので気をつけましょう。それと真贋不明なので自己責任でリサーチを。

こっちが多分オリジナル復刻。サイドに「STAN SMITH」入りとなしがあるのかしら? その辺まで知らんっw

S75074はオリジナル復刻かな。

M20324がABC系の廉価モデルかな。

紺もかっこいいなぁ。S75076は紺のオリジナル復刻。

赤もかわいい。女子なんか好きそうですね。M20326はABCタイプかな。

黒とかもあるのか・・。型もよくわからんっ!

ベルクロもいーですねぇ~。

おー、ミッドもあるんですね。これミッドというかハイカットに感じるな。ん~、スタンスミスはミッドって感じじゃないかな。

この辺から変わり種スタンスミス。並行輸入品かな? 正規なのかまでは不明なのでリサーチください。

レザー部分に型押しされてるようなかわったスタスミ君。

ネイビースタンスミス。ここまでいくと「スタンスミスなん?」となりそうではありますね。

まぁこれはこれで夏とかにカッコ良さそうに見えてきた。

ということで色々種類がある上に、オリジナル復刻と廉価モデル、さらにはパチモンまぎれてたりするので気をつけましょ~。

あえてZOZOTOWNで買っちゃうっていう離れ業もありますよw

ゾゾタウン。 ZOZOTOWNのおかげで、めっきり洋服を買いに行くことが少なくなりました。ブランドを横断して検索できるし、比較...

おまけ

グーグル画像検索でのアディダス、グランドスラムの画像

うはー、なつかし(笑)

昔大好きで履いていたシルバーのグランドスラム(その時も復刻だったと思うけど3万くらいした記憶)。

リンク 名作スニーカー アディダス・ナイキ画像DEPOT  THE PLANET20XX

ヒールに謎のピンクッションシステムがついていて、自分でクッションの強さを変えることができました。

もうないもんなぁ。アディダスさん復刻希望!

リンク 愛しのバンジ様はアディダス・グランドスラムだぜ!! « WILDMAN’S BLOG

それではバーイ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。

スポンサーリンク

仮想通貨おすすめ取引所

これから仮想通貨(暗号通貨)をはじめるなら日本国内の取引所が安心。ハイリスクハイリターン!

初心者におすすめ「Coincheck」

ビットコインをはじめ、豊富な種類のアルトコインを取り扱っている取引所です。シンプルでわかりやすいので、初心者の方に特におすすめです。

※現在NEM盗難事件で新規ユーザー登録制限中です。

自動積立ができる「Zaif」

ビットコインなどの自動積立に唯一対応。ドルコスト平均法でリスクを抑えつつ投資することができます。

BitcoinはじめNEM・MONA・Ethereum も手数料を抑え購入可。少しクセはありますが、慣れたらフツーです。

ビットコインFXなら「bitFlyer」

ビットコインFXといえばbitFlyer。ビットコインでFXなら利用者が多く一番だと思います。取扱量日本一も伊達じゃないでしょう。

FXに自信がある方はココですね。

もっと詳しく知りたい方はこちら

仮想通貨に興味がある方はコチラのカテゴリで、初心者向けにまとめていますので是非ご覧ください。

仮想通貨(暗号通貨)ってなに? という初心者向けの記事です。これからはじめる方、興味がある方はこのカテゴリーからどうぞ。