COEDO毬花おいしすぎる。よなよなにインドの青鬼。おいおい、これがまずいって?

COEDO毬花おいしすぎる。よなよなにインドの青鬼。おいおい、これがまずいって?

よなよなエール、インドの青鬼、COEDO毬花。

全員おいしいんですが、今回COED(コエド)Marihanaは初。ノーマルコエドは飲んだことありましたが、やっぱ毬花はハズれないね。

COEDO Marihana(コエド毬花)

コエドブルワリーのCOEDO。毬花=ホップでございます。そしてIPA。

もうこの時点で頭の中はフルーティーなお花畑。うぅ、絶対うまいだろ。

淡い黄金色と純白の泡にシトラスを想わせるアロマホップが華やかに香るセッション・IPA。香り高く洗練された苦味のあるしっかりとしたフレーバーと、低めのアルコール度数にクリアな飲み口のドリンカビリティを両立させた味わいです。ホップの個性とその風味を最大限に引き出す製法にちなんで「毬花 -Marihana- 」と名付けられました。

ドリンカビリティ!

商品紹介文が天才過ぎてすでにヨダレだらだら。

しかし、はて・・。セッションIPAとは。IPAはホップ大盛ニガニガの苦いフルーティーなイメージですがセッションね。

ちょっとググる。

クラフトビール好きならIPAというスタイルを目にしたことがあるはず。IPAはホップがたくさん使用されていて、香り豊かな苦みのあるビールのことですが、なかには「セッションIPA」というビアスタイルもがあるのを知っていますか?IPAとの具体的な違いや、「セッションIPA」がおすすめな人・シーンについても解説します。 まずは...

ほうほうなるほど。飲みやすいIPAと。意外に普通だった(笑)

。。。

いっつもなんですが、ブログにあげるように撮ると「泡下手くそか!」になります。なんでなんだろう。泡のきめが足りないので、注ぎ高が足りませんねぇ。

ま、仕方ない。

飲んでみると想像通りの毬花サンダーが脳天をぶち抜いて最卍高。なんだこりゃ。うますぎて止まらない。秒でなくなっちまった・・・。毬花好きなホッパーは大好き間違いなし。

おすすめです。どうぞ。

ってことでインドの青鬼へ。

よなよなエール&インドの青鬼

インドの青鬼は衝撃的な苦さがウリのIPAです。いんでぃあぺーるえーる。

苦っがいビールをこよなく愛する私です、こんにちは。 今回はビールニガニガ党の方に、ホップの強烈な苦みを感じる事のできるビールを...

タイトルに「おいおい、これがまずいって?」なんてワードを入れたのは、キーワード検索した時に「インドの青鬼 まずい」ででてきたんですよ。なんかそれにほんのりイラっとしましてね(グーグルめ)

まずくないよ!

超おいしいよ!!

はい、スッキリしました。味覚は人それぞれ。エール系苦手な人がいるのもわかってますよ。ググール神のワードに騙されず、まずは一度自分の下で味わってみましょう。

あ、よなよな画像ないや。

エールビール飲んでますか~。 今回は、個人的に一番おいしいと思う「よなよなエール」をご紹介。ふるさと納税でもいけます。 ...

今日のまとめ

IPAうまいよ。毬花最高だよっ。

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。