色あせた服を染め直すならダイロン!絶対プレミアムダイが楽だぞ、カラーストップも忘れずに

色あせた服を染め直すならダイロン!絶対プレミアムダイが楽だぞ、カラーストップも忘れずに

DYLONプレミアムダイ(VELBET BLACK)とカラーストップ

片付けをしていると、色あせたなつかしいバンドTシャツを発見。

捨てるのはもったいない、ということでDYLONの染色剤で染め直してみました。う~ん、めちゃくちゃ大変だった(笑)

もしダイロンで色染めしようと思っている方がいたら迷わず言います。「ノーマルのダイロンマルチではなくダイロンプレミアムダイにしとけ」とね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

色あせた服を復活、ダイロン!

ダイロンプレミアムダイ(ベルベットブラック)

今回買ったのはダイロンプレミアムダイ。繊維用染料でございます。

1袋500円ちょいで、250gの繊維、Tシャツ2枚分程度を染めれます

ダイロンにはもう少し安い、ダイロンマルチってのもあります。

こちらは400円弱で、染めれる量は同じTシャツ2枚程度

こっちも悩んだんですが以下の理由でやめました。

プレミアムとマルチの違い

ダイロンプレミアムダイ(ベルベットブラック)パッケージ裏の商品の使い方

ダイロンの違いはざっくり以下(と思うw)

  • プレミアム:中温染め(40℃)塩250g、500円強
  • マルチ:高温染め(80℃)塩30g、400円弱

プレミアムの方が、値段が少し高く塩をたくさん使うけど、40℃で染めれるので楽ってところですね。

いやね、これホント大きな違いだから・・。

<スポンサーリンク>

プレミアムは40℃、マルチは80℃のお湯で染める

ダイロンプレミアムダイ(ベルベットブラック)の注意事項

いやぁ、染めてみて思いましたけど80℃のお湯でやるの大変だよ(笑)? 40℃でもかなり大変だったのに。

プレミアムなら40℃、お風呂の温度くらいなお湯を用意すればOK。お湯出せばOKなので簡単なんですよ。

マルチは80℃の熱湯6リットル用意しないといけないんですよ? 普通の家だと地味に大変です。そういうことでプレミアムが絶対に楽でいいと思います(染色パワーは知らんけど)。

染まり方に関しては比較してないのでわかりませんが、楽なのは圧倒的プレミアム思われます。

いざ染める!ペットボトルで混ぜると楽

ダイロンプレミアムダイ(ベルベットブラック)を開けた中の粉

ほー、こんなもんで染色できるんだなぁ。人生初の染め体験。

この何の変哲もない粉を溶かすと、見事に真っ黒の「染まりそう」な液体に変わります。混ぜるのはペットボトルが楽。

ペットボトルで拡販したダイロンプレミアムダイ(ベルベットブラック)と塩

はい、あとは混ざった液体を定量のお湯で薄め、そこに250gの塩を投下して混ぜます。あとはつけこむ、もみこむ、放置。

なつかしバンドTを染めた

染める前の色褪せたバンドT(黒T)

マッドボールはまぁ置いといて、バルザックとかなつかしすぎません? まぁその辺話すと長くなりそうなので、またにしましょう(笑)

しかし、やっぱり捨てれない洋服ってあるよねぇ。ダイロン様様です。

ちなみにプリント部分は染まりませんので大丈夫です。

新品の黒Tと並べた状態。色あせしているのがわかる

真ん中のたたんだTシャツは新品。左のバルザックが色あせまくってますね。

さて、これをバケツなどで染めていきます。今回はでっかいタライがあったので、それで作業。

真っ黒のダイロンプレミアムダイ(ベルベットブラック)液

ちなみに染色作業を写真に撮りましたが、真っ黒でまったくわからん(笑)いや、手袋しながらだし、でバタバタでしてね。

<スポンサーリンク>

色落ちを防ぐカラーストップ

ダイロンカラーストップ

これは染めた後に色落ちしにくくするカラーストップ。まぁ定着剤みたいもんかしら。正確には染色固着剤というそうな。

色落ちを防ぐのは大事です。

300円しないし、二度とこの作業をしたくなさそうなので買っておきました。

カラーストップはまぜてつけるだけ

カラーストップの使い方

こっちは先ほどの染料みたいに色がつかないので気が楽。混ぜてつけおくだけ。

カラーストップの商品説明・注意点。

比較してないので、これを使った時の色落ちの防ぎ具合はわからんね。まぁ気持ちの問題。

カラーストップの中身。無色透明の液体。

無色透明。

はい、ということで染色完了。途中の工程は撮ってない。ゴム手袋が薄くて、指が染まるしでメチャクチャ大変でした。

染める人はしっかりめのゴム手でしましょう。私は簡易ゴム手でやってしまいました。なめてた(笑)

染め終わり!

染色後のバンドT(あまり変わっているように見えない)

ハイ、できあがり!!

ハイ!!

ハイ・・・、

ハイ??

変わらんって?

たしかによくわからん(笑)

染色後のバンドTと新品の黒T(やっぱりあまり変わっているように見えない)

う~む・・、わからん。というか伝わらんな。

ちょっと使用前・使用後の画像を並べてみよう。

<スポンサーリンク>

染める前・染めた後の比較

染める前↓

染める前の色褪せたバンドT(黒T)

染めた後↓

染色後のバンドT(あまり変わっているように見えない)

う・・、むしろ画像のアレで染めた後の方がしらけて見える気のせい。

仕方ない、新品の比較Tシャツがあるほうを見てみよう。

新品Tシャツを並べて比較

染める前↓

新品の黒Tと並べた状態。色あせしているのがわかる

染めた後↓

染色後のバンドTと新品の黒T(やっぱりあまり変わっているように見えない)

わからない!!wwwww

いや、ほら、バルザックのロゴの下のエリア、少しパサパサ感がない!(くらいしか言えないw)

う~ん、せっかく頑張ったのにまったくお伝えすることができません。実際画像で見るよりも、色あせは落ち着き、それなりに黒いTシャツにもどりました

途中作業がバタついて、指定の40℃からさめてしまったので、想定より染まってない気がします。これが80℃とかだったらどうすんだ、と。

温度が下がってしまうことも想定して高めの温度ではじめるときちんと染まると思われます。うぃぃ、大変だった。

ま、結果それなりに染まったし着れそうなので満足ってところかな。

染料の残りで染めてみたら・・

染料の残りで染まらないもんかと、黒のショーパンをつけてみました。

結果、まぁ少し染まったような気もしますが、あんまりかわりませんでしたね。温度も40℃とは程遠いくらい低くなってたしね。

まぁ一袋でTシャツ2枚までなので残り湯では染まりませんので貧乏根性やめましょう(私だよっ)。

<スポンサーリンク>

今日のまとめ

ということで、ダイロンプレミアムダイでした。黒以外にもいろいろな色があるので、着たいけど色あせて着れない服を再生しちゃいましょう。

今回はプレミアムダイ2つと、カラーストップ1つで一つのメール便で頼みました。以下のお店なら、あわせ買いでもうまいこと送料が節約できるのでおすすめです。

細かな部分はダイロン公式サイトをどうぞ。

リンク 英国製家庭用染料ダイロン オフィシャルサイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。

スポンサーリンク