茜霧島の飲み方は絶対に「水割り」がおすすめ!衝撃のフルーティーさ

茜霧島の飲み方は絶対に「水割り」がおすすめ!衝撃のフルーティーさ

茜霧島のボトル

茜霧島が数量限定で売っていたので、早速購入しました。

黒霧島でおなじみの霧島酒造、数量限定の焼酎です。原料のいもにオレンジ色のタマアカネを使用し、フルーティーに仕上げた一品。

茜霧島は赤霧島と同様で「20度」はなく「25度」だけのラインナップです。

これは期待できますね。どんなお味か楽しみです。

雑談:日本中で霧島が飲めるようになりましたね

茜霧島のパッケージ

今や黒霧島はどこにいっても飲めるようになりましたね。気が付けば全国区です。

15、6年前は他県で芋焼酎を飲もうと思うと、酒屋さんに行かないと置いていませんでした。コンビニやスーパー、居酒屋にも置いてなかったですね。

10年ほど宮崎から離れていましたが、宮崎の芋焼酎は全く見かけませんでした。なので甲乙混和の「かのか」をよく飲んでた記憶があります。

それがナイナイの矢部氏の一言をきっかけに全国区ですからね。すごいです。まぁそれだけのポテンシャルを秘めていたわけです。

原料の芋はオレンジ色の「タマアカネ」

茜霧島の背面ラベル

茜霧島は「タマアカネ」というオレンジ色のお芋を原料に使っているとのこと。

赤霧島は紫芋の「ムラサキマサリ」が原料。一般的な芋焼酎の原料の芋は、黄金千貫(コガネセンガン)が多いと思います。なのでかなり珍しいですね。

タマアカネを使うことにより、フルーティーに仕上げることができるようです。

霧島酒造も次々に新しい商品を出していますね。飲む人を飽きさせないように商品展開しているんでしょうね。

飲み方は水割りがおすすめ

グラスに注いだ茜霧島

グラスに注ぐとオレンジ色の焼酎。なわけないですね。

見た目はもちろん普通の無色透明の焼酎です。まずはロックで飲もうとしましたが、なんと氷がないアクシデント。

仕方なくストレートで飲みました。

いただきます。「くっ、濃いい」。味がよくわからない。

【追記】
後日、ロックと水割りで飲んでみました。水割りの方が驚くほどフルーティーに感じました。バラなどの花を感じさせるくらいフルーティーな香りが広がります(言いすぎだが言いすぎじゃない)。

米焼酎などのような繊細なフルーティーさとは違い、力強い感じのフルーティーさを感じますね。

茜霧島は、生(き)やロックで飲むよりも水割りが絶対おすすめです。水と混ざることで香りが立つのでしょう(多分)。

赤霧島とはまた違った味で、呑み比べるとより際立ちます。好みは分かれそうですが、私はすきです。

今日のまとめ

黒霧島が好きな方であれば一度飲んでみてください。芋焼酎とは思えない想像以上のフルーティーさが味わえます。おすすめです!

まだ900mlのみの展開です。タマアカネの収穫量が限られている為数量限定です。

赤霧島とのセットもあるので飲み比べてみるのもおすすめです。

以下リンクより、ふるさと納税の返礼品で茜霧島をゲットできます!

リンク 楽天ふるさと納税 | 茜霧島

関連記事

赤霧島も甘くておいしいのでおすすめです。最近は茜と赤をよく飲みますね~。

みなさんこんにちは、インスタ映えとは無縁の私です。 今回は茜霧島に続き赤霧島をご紹介しましょう。黒霧島でおなじみの霧島酒造の霧...

霧島酒造の多彩なラインナップはこちらの記事で書いています。

霧島酒造と言えば「黒霧島」で有名ですね。 宮崎県外ではあまり知られていないかもしれませんが、霧島には様々な種類が存在します。 ...

焼酎20度と25度の違いの謎についてはこちらの記事で。

芋焼酎が好きな方は「20度」と「25度」の違いが気になったことはないでしょうか? 今回はちょっときになるアルコール度数の違いに...

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。