【SBIネット銀】手数料4銭、ドル転・円転方法!源泉分離課税注意

【SBIネット銀】手数料4銭、ドル転・円転方法!源泉分離課税注意

リニューアル後のSBIネット銀行トップページ

トランプツイートで、上行ったり下行ったり大忙しですね。

今回は2年以上持っていたドルを円転。住信SBIネット銀行のWEBサイトもリニューアルしたので、ついでに外貨の両替方法を説明しておこうかと思いまして。

いや~、まじトランプふざけん(ry

ってことで、円転した経緯とともにお送りします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

まえがき

トレーディングビューのドル円チャート

(※矢印の方向に行ってもらいたかったorz 適当お絵描き。。)

2年前からちょいちょい円をドル転し、1万ドルくらいになっていました。「いずれ円安ドル高になるのかな」と思っていたんですけど、上下こそあれほぼ2年前と同じ水準です。

なんやかんや世界情勢も微妙になってきたし、トランプがやらかすので「一旦円に戻しておこう」と。

外貨預金は源泉分離課税なので、為替差益がマイナスになっても損益通算とかはできませんからね。ってことで、見事な同値撤退(笑)

米国ETFとその後のドルMMFで、1万ドルが10,681ドルに。681ドル増えましたー(NISA口座↓)。

みなさんこんにちは、養分です。 NISA備忘録18か月目途中ですが、全売却で撤退と相成りました。 マイナスなるの嫌だったのでト...

まぁ先物なんぞに手を出して焼けましたけども。

いや~、見事に焼けこげました日経先物ミニ。 こんな記事誰が読むって感じですが、自戒の念を込めてヘタポジでもさらしてみようと思い...

ということで、リニューアルして操作方法が変わった住信SBIネット銀行での外貨買付・売却方法!

外貨買付・売却方法

外貨預金残高が表示されたトップページ

まずはリニューアルした(2019年ゴールデンウィーク前だったか)、住信SBIネット銀行トップページから外貨普通預金へゴー。

サイドメニュー「為替レート・注文」

「為替レート・注文」をクリック。

売却 or 買付

各国通貨の対円レート。「売却・買付」ボタンから売買ができる

買付したい場合は「買付」ボタン、すでにもっている通貨を売りたい場合は「売却」ボタンを。

もちろんですが持ってもいないのに売却することはできません。外貨預金ですので。売ったり買ったり売買したい方はFXへどうぞ。

成行・指値(IFD・OCO)注文可能

リアルタイム注文の画面

出金口座と入金口座は特にさわる必要はなし(と思う)。

「売却金額」に関しても、米ドルで指定するか日本円で指定するかの違いです。1万ドル分売るとか、100万円分売るとか。

そのまま成行で売る方は気にしなくていいですが、複数の注文方法があります。

プルダウンをクリックすると、「リアルタイム・指値注文・複合指値(IFD)・複合指値(OCO)」が選択できる

リアルタイムが成行注文なので、現在の市場価格でそのまま売却(買付)することになります。ちゃちゃっと売りたい人はリアルタイムで。

あとはいくらになったら売りたい(買いたい)って場合は指値注文を使うのです。

指値注文方法

指値で指定し注文を入力した状態。

指値注文は金額を指定して入力するだけです。上記の場合はドルを売却するので、このレートまであがったら売却って数値を入力しましょう。

「になったら売却」とか書いてるので結構わかりやすいと思います。

指値注文あれば十分だと思うのでIFD・OCOは割愛します(笑)IFDOCOはなかったな。

低い価格を指定すると・・

「入力された注文レートは直ちに約定する範囲に入っていますので、ご注意ください」と表示された注意メッセージ

指値に指定したレートより市場価格が高い場合は上記メッセージがでます。「低い価格を指定するとそのまま約定しますよー」ってことですね。

最後にパス入れて終わり

WEB取引入力画面と確認ボタン

入力が終わったらWEB取引パスワードを入力して終わり。

確認っ!!

注文内容確認画面

確定っ!!

<スポンサーリンク>

取消方法

注文取消し画面

指値注文の場合は注文取消しも、もちろん可能です。「注文照会(取消・訂正)」から取消しましょう。

以上で終わりです。今回はドルの売却でしたが、ドル買付の場合も同じようにすればOKです。

あとはおまけ。参考評価損益が100万円オーバーのプラスになってんだけどwww なんでwww

参考評価損益がおかしい!+100万円オーバーw

代表口座に表示された異常にプラス表示された「参考評価損益」

これは売却前のキャプチャなんですが、「参考評価損益」がプラス111万4,172円になってます。んなバカな。とんとんじゃい。

「なんだコレ」と思ってよく見てみると「平均購入レート」が「$1=¥5.45」円になってるじゃない。

SBIネット銀行でドル転し、SBI証券へ振替。その後SBI証券からSBIネット銀行へ戻したもんだから、はじめの取得レートがおかしくなったんでしょうね。

おそらく増えた利息分かな。

外貨預金は源泉分離課税

利息に対し引かれる、源泉分離課税分(国税・地方税)

これが最後の利息分と税金分です。源泉分離課税なので、利息に対し20.315%(国税・地方税)がかかります。

利息の率はいいけど為替変動の影響があるので、その辺も考慮しないとですね。為替差損の場合は損益通算できません。為替差益の場合は雑所得で総合課税。仮想通貨と一緒です。

詳しくはこちらの方のブログに詳しく書いておりますのでどうぞ。

平成28年度からの金融一体課税以前は、金融商品ごとに課税の仕組みが異なっていたものが、平成28年度の改正によりグループ化され課税の方式がかなり整理されています。それをみていくと、どうも外貨預金というのは全く選ぶ意味がないというか、他の金融商品よりも税制上ずっと不利なものなのではないかと。そこで、今回は、外貨預金と他の「...
<スポンサーリンク>

今日のまとめ

2019年1月3日のフラッシュクラッシュで、ドル円は104円台まで突入しました。その後112円台まで行きましたが、結局109.75円で円転の流れと相成りました(109.8で指してたけどめんどうになってリアルタイムで売ったw)。

ま、損しなかっただけ上出来でしょう。

さー、もうあとはどれだけ爆上げしようが、大不況で一度円高に振れるまではドル転しないでおくぞー(多分)。

ってことでしばらく米国株・ETFもお預けですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。

スポンサーリンク