その歯磨き粉大丈夫? 天然系シャボン玉せっけんハミガキを検証

その歯磨き粉大丈夫? 天然系シャボン玉せっけんハミガキを検証

arau石けんハミガキとシャボン玉せっけんハミガキ粉

さてさてみなさんは歯磨き粉なにを使っておいででしょうか?

ねりねりした物体なのに、なぜに歯磨き「」のまま現代まで続いているかは謎ですが、今日はそんな歯磨き粉について検証していきます(ただのレビューw)。

「合成界面活性剤が入った歯磨き粉は体によくないのではないか?」とお思いの方も多いと思いますので、ちょちょっと見ていきましょー。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

 石けん歯磨き粉

シャボン玉せっけんハミガキ粉

一般的に出回っている歯磨き粉は合成界面活性剤が使われているものがほとんどだと思います。よく聞くのは「ラウリル硫酸ナトリウム」だね。

この「ラウリル硫酸ナトリウム」に関しては、「口腔粘膜から吸収しやすいだとか、発がん性があるだとか」など色々と言われていますが、一応そのような事実はないようです(wiki)。

ウィキペディア – ラウリル硫酸ナトリウム

その辺の情報に関してはグーグル先生に聞いてみてください。最近この手の商品をリサーチするのが疲れてきましてね。いや、結構な勢いで真偽不明の情報がわんさか出てくるので、それをひとつひとつ調べるのは非常に骨が折れるわけですよ。。自分だけであればいいんですが、ブログに書くとなると、しっかり調べないといけないのでね。

ということでシャボン玉せっけんハミガキがラウリル硫酸ナトリウムなどの「合成界面活性剤不使用」で、なおかつ「パラベンフリー」だよー、ってことで悪影響はすくないんじゃない?って路線で行きたいと思います。

確かに口の粘膜って吸収しそうだから、なるべく化学的な物は使わない方がよさそうな感じはしますね。

界面活性剤について

前回合成界面活性剤についてヤシノミ洗剤の時に、2回ほどだらだらと述べさせていただきました。まぁ似たようなもんでしょう。

界面活性剤(LAS,AE)についての記事と。

数ヶ月前に我が家では洗たく洗剤をLASの入っていない「ヤシノミ洗剤」にかえました。理由は「LASが使われていないから」なのね。 ...

健康への影響について。

前回の記事で界面活性剤であるLAS(直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム)とAE(ポリオキシエチレンアルキルエーテル)について簡...

気になる人は読んでみてくだサシ。

せっけんハミガキ3つの特徴

石けん歯磨き粉の3つの特徴

1.口の中で泡立ちすぎないので、しっかりブラッシングできます。
→マジ

2.お口にやさしく、歯みがきをした後も味覚が変化しない。
→マジ。

3.天然のペパーミント香味料を使用。石けんの味や香りはしません。
→マジ。

全体的にマジンガーです。ふっつーの歯磨き粉と味や使い勝手に大きな違いは感じませんね。

むしろ2番に関してはびっくり。歯みがき直後になにか食べても変な味しない。地味にすごい。

<スポンサーリンク>

ラウリル硫酸Na、パラベンフリー

石けん歯磨き粉の説明書き

【発泡剤に合成界面活性剤を使用していません】
ラウリル硫酸ナトリウムなどの合成界面活性剤、パラベンなどの防腐剤を使用していません。

発泡剤に石けん成分のみの純植物性無添加石けんを使用しています。

清掃剤 炭酸Ca
湿潤剤 水・ソルビトール
清掃剤 シリカ
発泡剤 石ケン素地
粘結剤 ベントナイト
 粘結剤 セルロースガム
香料 ペパーミント

上記の成分で構成されています。

比較的少ないんじゃないでしょうか。

参考 せっけんハミガキ | シャボン玉石けんホームページ

大手メーカーの成分を見てみる

参考までにこれまで結構使っていた、花王とサンスターを見てみました。

花王 クリアクリーン ナチュラルミント

湿潤剤 ソルビット液
基剤
清掃剤 顆粒A
清掃剤 炭酸Ca
粘度調整剤 無水ケイ酸
粘度調整剤 CMC・Na
発泡剤 ラウリル硫酸塩
香味剤 香料(ナチュラルミントタイプ)
香味剤 サッカリンNa
pH調整剤 リン酸1Na
pH調整剤 水酸化ナトリウム液
薬用成分 モノフルオロリン酸ナトリウム
着色剤 青1

引用 花王 クリアクリーンナチュラルミント 成分特徴

クリアクリーンはラウリル硫酸ナトリウムですね。

マイクロプラスチックビーズと言われる顆粒状のつぶつぶが環境汚染の原因になっているとして、近年懸念事項としてあがってきています。小さすぎて処理施設でキャッチできないんでしょう。

クリアクリーンのつぶつぶもそれかと思いましたが、この商品の粒は天然由来成分で該当しないとのことです。公式ページに掲載されていました。

サンスター オーラツー ストライプペースト

湿潤剤 ソルビット液
湿潤剤 PG
清掃剤 無水ケイ酸
清掃剤 重質炭酸Ca(パワフルカルシウムパウダー)
清掃剤 軽質炭酸Ca(ミクロカルシウムパウダー)
粘結剤 無水ケイ酸
粘結剤 CMC・Na
粘結剤 キサンタンガム
発泡剤 ラウリル硫酸Na
pH調整剤 ケイ酸Na
香味剤 香料(クリーンミントタイプ)
香味剤 サッカリンNa
薬用成分  モノフルオロリン酸ナトリウム(フッ素)
薬用成分  ラウロイルサルコシンNa(LS)
安定剤 酸化Ti
防腐剤 パラベン
着色剤 グンジョウ

引用 サンスター オーラツー ストライプペースト 成分情報

たくさんはいってるんですね。どれがどんな成分かさっぱりわかりませぬ。

薬用成分がフッ素かぁ・・・、うーむ。

中身

せっけんハミガキの中身

にょろり。

こんな感じ。片手で撮影はむずかしいのよ。

ノーマルタイプをまとめ買いしてます。

薬用もあります。

EM版もあります。

私はノーマルタイプで十分ですね。お値段は400円くらいと、大手の実売150円~200円程度と比べると2倍近くしますが、そうそう頻繁になくなるものではないからね。

<スポンサーリンク>

今日のまとめ

良いか悪いか私には判断できませんが、化学成分が比較的少なめですので、その点は安心なんじゃないでしょうか?

本来はなにもつけずにブラシだけでゴシゴシ磨くのが一番いいんです。それがいつからか歯磨き粉をつけないと磨いた気にならないなんてねぇ。

とりあえず今は謎の石けんブーム(ワイ)なので、なにかない限り石けん歯磨きを使っていく予定です。

それではみなさん、びすもるげ~ん(前回ので気にいったw)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。

スポンサーリンク