2億5千万人が使う浄水ポットBRITA!リクエリの使用感をレビュー

2億5千万人が使う浄水ポットBRITA!リクエリの使用感をレビュー

ブリタHPのキャプチャ出典 BRITA

前回ブリタ浄水ポットの全種類をご紹介しました。

おいしいお水が飲める浄水ポット、ブリタ。世界で2億5,000万人が使う人気商品です。 そんなブリタですが、これから買おうとして...

今回は我が家で使っている「リクエリ」の使用感をご紹介しましょう。

これから購入を考えている方の参考になれば、これ幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

カートリッジはマクストラ

袋に入った並行輸入品のマクストラカートリッジ

我が家では並行輸入品のマクストラカートリッジを使っています。

「Made in Germany」、あんまり見かけないので新鮮ですね。

ブリタマクストラカートリッ

こんな感じで少し水滴ついてることが多いです。あと、中の炭が少しついてますね。

軽く水洗いして使います

BRITAマクストラカートリッジの上の部分

いつも使う前に軽く水洗いします。洗剤で洗うわけにはいきませんからね。活性炭を洗い流す感じですね。

このスリットから水が通って、ろ過されて下にたまります。

マクストラカートリッジの底の部分

蛇口から直接水をかけてみると、小さな穴からつぶつぶでスタスターって落ちていきます。

スタスタの粒ではなく、ツーっとまとまって水がでてくるようになると「そろそろ交換」のサインと思っています。

<スポンサーリンク>

開口部は広いので水は注ぎやすい

水を張ったブリタの浄水ポット

どのシリーズも開口部は広いので、水道から入れる際は全然気になりません。

こんな感じで水道から注ぐと、ジワジワろ過されていきます。

交換直後は結構早いスピードでろ過されますが、数週間使って交換時期くらいになってくると、ろ過されるスピードが遅くなります。カートリッジの中の活性炭が、有害物質を吸着していってるんですかね。

濾過スピードは結構早い

こんな感じで、チョロチョロろ過された水が落ちてきます。

本体は定期的に洗剤で洗いましょう。でないと、変な雑菌の温床になります。

私は週に1回は洗うようにしています(本当はもうちょっと高頻度に洗うものなのかも)。

カートリッジ交換目安はメーターで確認

BRITAの交換目安時期を確認する小窓

カートリッジの交換目安は、ふたの上部のメーターで2カ月をチェックすることができます。

STARTボタンを長押しすると点滅して、5回点滅まで押しておくと、メーターがリセットされます。あとは2週ごとにメーターがひとつづつ減っていきます。なくなったら交換時期って事ですね。

ブリタのメンテナンス、カートリッジ交換方法、液晶操作方法など、詳しくはこちらをご覧ください。

<スポンサーリンク>

炭が少しでてくる

ブリタの底に沈んだ炭の粒

見えますか? 黒い点々。

これカートリッジの原料のヤシ殻の活性炭なんです。悪いところをあげるとすると、炭の粒子がでてきて底にたまることですね。

どうしても、粒子が細かく少しもれでてきます。ブリタも公式に言ってますが、多少はカートリッジから出てきてしまうみたいです。飲んだとしても特に問題はないみたい。

画像でも見えると思いますが、小さい黒いツブツブがでてきますので、ラスト数センチは飲まないようにしています。

【追記】
いつも水を勢いよくそそいでいたんですが、弱めの勢いでそそぐと、活性炭もあまりでてこないことに気づきました。もう10年くらい使ってんだけどなにやってんだか。

今日のまとめ

一番重要な冷蔵ポケットにおさめた写真を取り忘れました。まぁ、1.5Lのペットボトルが入る一般的な冷蔵庫であれば絶対に入ると思うので大丈夫でしょう。

ペットボトルのミネラルウォーターよりも、はるかに安いコストでおいしいお水が飲めます。一度試してみてはいかがでしょうか。

手軽に飲むならウォーターサーバー

手軽に水を飲みたい方はウォーターサーバーですね。

市場シェアが高いアクアクララ【限定キャンペーン実施中】や、お客様満足度の高いクリクラなどであれば手間いらず。北アルプスの天然水ウォーターサーバー【信濃湧水】 なんてのもあります。

「ウォーターサーバーのデザインがあんまり・・」って方には、おしゃれなアマダナデザインのプレミアムウォーターがバッチリですね~。

関連記事

ブリタの全種類まとめはこちらの記事です。

おいしいお水が飲める浄水ポット、ブリタ。世界で2億5,000万人が使う人気商品です。 そんなブリタですが、これから買おうとして...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。

スポンサーリンク