脱ミネラルウォーター&ウォーターサーバー!浄水ポットが優秀です

脱ミネラルウォーター&ウォーターサーバー!浄水ポットが優秀です

ブリタウェブページトップ

家で飲む水について、どれがいいかお悩みの方って多いんじゃないでしょうか。

ミネラルウォーター、ウォーターサーバー、浄水器。沢山の商品があるので悩むはずです。

今回は我が家でながらく使っている、ブリタについて良いとこ・悪いところを考えつつおすすめしてみます。

出典 ブリタ

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ブリタは1966年創業のドイツ企業

アルプスの湖

BRITAはドイツに本拠地を構える企業で、1966年創業と歴史は古いです。日本ではBRITA Japan株式会社が輸入販売を行っています。

ブリタはポット型の浄水器が有名です。ポットに水を注ぐだけで浄水してくれるわけだから、手軽ってのが売れている理由ですね。

ビルトイン浄水器(シンクの下などに設置するタイプ)もありますが、設置作業が必要なのと費用も高くなってしまいます。まぁブリタのビルトインタイプは日本で未発売なので、選択肢は浄水ポットとなります。

ブリタは除去性能が高い

ブリタは独自のフィルターシステムにより、味やにおいに影響を与える不純物や水アカ、鉛や銅などの重金属を除去してくれます。

ざっとこれだけの除去物質と除去率です。

1. 遊離残留塩素:総ろ過水量300L、除去率80%
2. 溶解性鉛:総ろ過水量300L、除去率80%
3. 総トリハロメタン:総ろ過水量200L、除去率80%
4. 2-MIB(かび臭):総ろ過水量300L、除去率80%
5. CAT(農薬):総ろ過水量300L、除去率80%
6. テトラクロロエチレン:総ろ過水量300L、除去率80%
7. トリクロロエチレン:総ろ過水量300L、除去率80%
8. 1.1.1-トリクロロエタン:総ろ過水量300L、除去率80%
9. クロロホルム:総ろ過水量300L、除去率80%
10. ブロモジクロロメタン:総ろ過水量300L、除去率80%
11. ジブロモクロロメタン:総ろ過水量300L、除去率80%
12. ブロモホルム:総ろ過水量300L、除去率80%

※JIS S 3201試験結果

※日本仕様フィルター値

水道水と飲み比べると違いがわかるレベルでかわります。舌触りもまろやかになり、オーバーに言うとトロっとした感覚に変わります。

田舎の水道でこんなに変わるんだから、お水が美味しくないと言われている地域で試してみたいもんです(最近は浄水施設の進化であまりなくなってきたみたいですが)。

<スポンサーリンク>

水1リットルあたり5円と低コスト

ブリタが好まれているのは、コスパがいいことも理由でしょう。

1つのカートリッジで、200Lろ過できるとします。1Lあたりの値段を実売価格で考えると、およそ5円前後になります。

低コストなので飲料水以外にも、ごはんを炊いたり、料理に利用したり、コーヒーや紅茶とさまざまなシチュエーションで利用することができるようになります。

メリットまとめ

  • 水を買いに行く必要がない
  • コストパフォーマンスがよい(1Lあたり5円程度)
  • 料理にも使える
  • ろ過性能が高い
  • 環境にもやさしい(かも)

ブリタのメリットといえばシンプルにこの辺かと思います。

ブリタのデメリット

ブリタの底に沈んだ炭の粒

前回の記事でも書きましたが、これがデメリットです。

見えますか? 黒い点々。

カートリッジの原料のヤシ殻の活性炭です。勢いよく水を注ぐとでてきます。弱めの勢いならそこまでないんですけどね。あげるとするならこれがデメリットですね。

<スポンサーリンク>

今日のまとめ

いかがでしたか?

ブリタはなかなかコスパもよく、おいしいお水が飲めます。浄水ポットを探している方は、是非一度試してみてください。なかなか優秀ですよ!

手軽に飲むならウォーターサーバー

手軽に水を飲みたい方はウォーターサーバーですね。

市場シェアが高いアクアクララ【限定キャンペーン実施中】や、お客様満足度の高いクリクラなどであれば手間いらず。北アルプスの天然水ウォーターサーバー【信濃湧水】 なんてのもあります。

「ウォーターサーバーのデザインがあんまり・・」って方には、おしゃれなアマダナデザインのプレミアムウォーターがバッチリですね~。

関連記事

ブリタの種類が多くてお悩みの方、こちらの記事でまとめています。

おいしいお水が飲める浄水ポット、ブリタ。世界で2億5,000万人が使う人気商品です。 そんなブリタですが、これから買おうとして...

我が家で使っているリクエリのレビューです。

出典 BRITA 前回ブリタ浄水ポットの全種類をご紹介しました。 今回は我が家で使っている「リクエリ」の使用感をご紹介し...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。

スポンサーリンク