ブリタカートリッジ総まとめ!日本仕様と並行輸入品の違いと種類

ブリタカートリッジ総まとめ!日本仕様と並行輸入品の違いと種類

ブリタ、カートリッジのページ出典 ブリタ

前回ブリタの種類についてまとめた記事を書きました。

おいしいお水が飲める浄水ポット、ブリタ。世界で2億5,000万人が使う人気商品です。 そんなブリタですが、これから買おうとして...

今回はブリタのカートリッジについてまとめてみたいと思います。

大きく分けてたった3種類しかないので、さらっといってみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

マクストラカートリッジ

新しい製品全てですが、マクストラカートリッジが最近のシリーズの主流です。ほとんどの浄水ポットタイプに共通して利用できます。

グローバル展開しているので、日本仕様のカートリッジと並行輸入品があります。以前は並行輸入品の方が値段が安かったですが、今はどちらもあまり値段はかわらなくなりました。

日本仕様マクストラカートリッジ

日本仕様は、日本の水向けにカスタマイズされているということです。

それと情報の出所が不明ですが、日本仕様のカートリッジには銀が添加されているようです。雑菌が増殖するのを極力抑える為とのことですね。

銀イオンはヨーロッパで添加してはいけないというところもあるようです。詳しくは、真偽不明の情報なので噂レベルと思って下さい。

銀の添加に関しては直接ブリタに問い合わせてみました。こちらの記事で詳しく書いています。

BRITA(ブリタ)を愛用している方も多いんじゃないでしょうか、そんな私も愛用者のひとりでございます。どーもブリ太です(2回目) ...

並行輸入品マクストラカートリッジ

銀イオンの噂を嫌ったり、価格が割安なため並行輸入品を購入している方も多いようです。

そんな私も値段が安く「ドイツ・アメリカ・イギリス」などの基準でOKな並行輸入品を利用しています。メイドインジャーマニーもあれば、別の場所もあるようです。

ただしヨーロッパは硬水が多いので、硬水向けのカスタマイズの可能性があります。

並行輸入品は自己責任

並行輸入品のカートリッジは、ブリタの保証はありません。完全自己責任での利用となります。

最近は、日本仕様も並行品も価格差がなくなってきたので、どちらでもいいかもしれませんね。

以前は並行輸入品の交換目安は1カ月などと記載されていたのですが、現在は日本仕様と同じ「1日3.5L使用で2カ月」と同じになったようです。

日本とヨーロッパの表記の違いとかその辺のからみがあっただけで、中身は大きく変わらないんじゃないかな、と思っていますけどね。

旧クラシックフィルター

旧タイプのブリタ用のフィルターです。今は検索しても、並行輸入品しかでてきませんので、マクストラカートリッジにほぼ移行しています。

自宅ではマクストラ、実家ではクラシックという私です。いずれ消滅しそうですが、なくなったら新しいブリタポットを買うしかなさそうですね。

<スポンサーリンク>
コインチェック

fillシリーズ共用マイクロディスクフィルター

フィルシリーズは、ポット型のマクストラカートリッジと共用できません。

マイクロディスクフィルターは「フィル&サーブ・フィル&ゴー」の専用フィルターです。

使用の目安は、1日5L使用の場合で4週間。カートリッジ1個で水150リットル(500mlボトル300本分)ろ過可能ですので、1リットルあたり約4.5円とやっぱり経済的です。

【おすすめ仮想通貨取引所】
  • bitbank ←安定の国内No.1取引所
  • Coincheck ←アルトコインが豊富
  • GMOコイン ←大手GMOグループ
  • BINANCE ←海外大手&コイン400種
  • Gate.io ←海外大手&コイン1000種

今日のまとめ

ということで大きく分けて3種類のフィルター、おわかりいただけたでしょうか?

ポット型は「マクストラ」、カラフェ・水筒は「専用フィルター」と覚えておけば、ほとんど大丈夫でしょう。

まとめ買いがお得ですよ~。

手軽に飲むならウォーターサーバー

手軽に水を飲みたい方はウォーターサーバーですね。

市場シェアが高いアクアクララ【限定キャンペーン実施中】や、お客様満足度の高いクリクラなどであれば手間いらず。北アルプスの天然水ウォーターサーバー【信濃湧水】 なんてのもあります。

「ウォーターサーバーのデザインがあんまり・・」って方には、おしゃれなアマダナデザインのプレミアムウォーターがバッチリですね~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。

スポンサーリンク