スパークリング日本酒は、味の「すず音」かコスパの「澪」。老舗vs大手

スパークリング日本酒は、味の「すず音」かコスパの「澪」。老舗vs大手

発泡日本酒知ってますか? 日本酒のシャンパンみたいなもんです。その中でもすず音が好きなのです。

日本酒と言えば様々な種類があり、好みの酒を探すのも楽しかったりします。 そんな日本酒ですが、発泡性のスパークリング日本酒がある...

定期的に飲みたくなるんですが、すず音は売っているところが少ないのよね。どうしても飲みたいときは、どこでも売ってる宝酒造の澪になっちゃうわけですよ。

そんなお話。

コスパの澪(みお)

宝酒造といえば京都が本社の大手酒造。そこが発売しているのがスパークリング日本酒の澪です。読み方は「みお」ね

すっきりしていて、お米の甘さが感じられる発泡性日本酒です。

すず音はシャンパンのような、淡雪のような微発泡。それに比べ澪は、どちらかというと炭酸な感が強めかな。

すず音が人気で、スパークリング日本酒に後追い参戦した大手ってイメージなのです(ごめんよ宝さん)。でも十分おいしいです。

澪の方が安い

私の勝手なイメージはさて置き、どこに行っても澪は売っています。どこでも買える安心感は強い。しかも会社がデカイのでスケールメリットをいかして(なのか知らんが)、すず音よりリーズナブルです。

300mlのざっくりした定価は以下。

  • すず音:815円
  • 澪:522円

うむ、澪の方がリーズナブル。

澪とすず音、どっちが先に発売?

漠然とすず音を昔から飲んでいて、かなり後追いで澪が発売されたと思ってました。せっかくなので、きちんとググってみよう。

あ、やっぱり余裕ですず音が先だった(笑)

  • すず音:1998年
  • 澪:2011年

すず音は22年前、澪は9年前くらい(2020時点)でございました。

発売から20年、お客様にご愛飲いただいている一ノ蔵のスパークリング清酒「すず音」の20周年記念ページです。すず音の誕生秘話やカクテルレシピをご紹介しております。

今日のまとめ

スパークリング日本酒、最近ではいろんな種類がでています。ちょっと興味がある方は、是非どちらも飲んでみてください。

私はなんだかんだやっぱりすず音が好きです。日本酒のイメージがガラっとかわりますよっ!

日本酒と言えば様々な種類があり、好みの酒を探すのも楽しかったりします。 そんな日本酒ですが、発泡性のスパークリング日本酒がある...

発泡性がない「すず音」みたいなもんの、「ひめぜん」もおすすめです。低アルコールですごく飲みやすし。

初心者でもおいしく飲める甘酸っぱい日本酒はいかがでしょうか? それが、以前ご紹介した「すず音」と同じ酒蔵の「ひめぜん」です。キ...

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。