スパークリング日本酒「すず音」は別格のうまさ!淡雪濁りの高級感

スパークリング日本酒「すず音」は別格のうまさ!淡雪濁りの高級感

一ノ蔵、発泡清酒、すず音のボトル

日本酒と言えば様々な種類があり、好みの酒を探すのも楽しかったりします。

そんな日本酒ですが、発泡性のスパークリング日本酒があるのを知ってますか?

今回はスパークリング日本酒の火付け役とも言える、一ノ蔵の「すず音」をご紹介しましょう。

「日本酒って苦手~」というそこのあなた。日本酒の常識が覆りますよ。

参考 一ノ蔵

宮城県の酒蔵「一ノ蔵」

一ノ蔵、発泡清酒、すず音のラベルアップ

すず音は宮城県大崎市にある酒蔵、一ノ蔵のお酒です。

ANA 国際線ファーストクラスで提供される日本酒「一ノ蔵 蔵の華 純米大吟醸」 を作る、すごい酒蔵でもあります。

すず音の飲み方

すず音は発泡清酒で、日本酒が苦手な方でも飲める(はず)くらいの、おいしいお酒。個人的に、今まで飲んだ発泡性日本酒の中で一番好きです。

にごり発泡日本酒なので、飲む時は混ぜましょう。

ゆっくり逆さにし、にごり成分を混ぜます

すず音の飲み方注意書き

発泡性清酒なので、急に開けると吹き出すことがあります。

開栓する際は瓶を2~3回ゆっくり逆さにして、にごり成分を混ぜます。ほんとにゆーっくりゆっくりしましょう。リアルに吹き出します。

アルコール5%で飲みやすい

すず音の成分表

アルコール5%で非常に飲みやすいです。

RICE POWER 。ライスパワー、なんかいいですね。

繊細な泡はシャンパン!

すず音のセールスフレーズ

瓶内発酵で生まれた繊細な泡は、シャンパンを思わせます。

淡雪色で繊細な泡は、本当に素晴らしい。

製造・仕上日はキャップに記載

製造日と仕上げ日が印字された、すず音のボトルキャップ

製造と仕上げた日はちゃんとキャップに印字されております。

透明のグラスで飲むのがおすすめ

透明のグラスに注がれた、すず音

ゆっくり混ぜ、そっとグラスにそそぐと淡い雪のようなすず音に泡がたちます。

だいたい知らない方に飲んでもらうと「コレ日本酒なの?」って言われます。

繊細な泡がたつグラスに注がれた「すず音」

本当に繊細な泡です。

すず音が流行ったからなのかわかりませんが、宝酒造もスパークリング清酒の澪を発売しました。大手なので、どこでも買えるようになりましたね。

澪もおいしいんですが、すず音の繊細な泡とは比べ物にんなりません。澪はお世辞にも繊細な泡ではないです。これを考えると、すず音はやはり別格ですね。

泡の繊細さによる口当たりから、まろやかさまで上品です。お米の甘さがふわっと香る、甘口のお酒です。

300mlあたり、実売850円~950円位。一気に1本飲めてしまうので、5本くらいペロっと飲めてしまいます。お財布には優しくないかもです(笑)

安くはないですが、十分値段に見合ったおいしさ。おいしすぎて、2、3本すぐに開けてしまうので気をつけましょう。

すず音にあうおつまみ

クリームチーズの容器

すず音は結構どんな料理にもあう気がします。長くなりそうなので、今回は料理ではなく、おつまみをひとつ。

超簡単クリームチーズ。のせるだけ。

クラッカーの箱

クラッカーに。

クラッカーにクリームチーズをのせ、ブラックペッパーをふったおつまみ

のせます。ブラックペッパーはこういうのでガリガリしましょう。

これウチにもありますが、大容量で安いのでおすすめです。ミル付きブラックペッパーのない人生は考えられません。

これがまたクリームチーズとすず音が絶妙にあうんですよね。また飲みたくなってきました。

今日のまとめ

ということで、いかがでしたか? 飲みたくなったでしょ。

日本酒が苦手な女性にも大人気のようで、結構置いてあるお店も増えてきました。

ちょっとしたお祝いで持って行っても喜ばれますので、是非一度飲んでみてください(※お酒は20歳から)!

一ノ蔵酒造のひめぜんもおすすめです。

初心者でもおいしく飲める甘酸っぱい日本酒はいかがでしょうか? それが、以前ご紹介した「すず音」と同じ酒蔵の「ひめぜん」です。キ...

プレミアムな日本酒、山形県、高木酒造の十四代もまたうましです。

秋ですねぇ。朝晩肌寒くなってきました。 先日プレミアム日本酒の「十四代」を秋の味覚とともに飲みました。定価購入絶対不可能なお酒...

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。