山形の日本酒、生もと純米大吟醸「初孫」!山廃との違いはココなのね

山形の日本酒、生もと純米大吟醸「初孫」!山廃との違いはココなのね

生酛純米大吟醸 巧実(たくみ)初孫

山形県の知人より贅沢な日本酒をいただきました。生もと純米大吟醸、巧実「初孫」です。もう響きからして「生もと」だし、「大吟醸」だしで立派な感じがプンプンです。

しかし生もとと山廃の違いってなんだっけな? 昔ながらの製法で、似たようなもんと思っていましたがせっかくなので違いについても調べてみました。

生もとと山廃の違い、初孫レビューです。

※「酛」の字が環境依存文字なので「もと」と表記します

生もと造りは蔵人へ継承される巧みの技

生酛純米大吟醸 巧実(たくみ)初孫の商品説明背面ラベル

初孫 巧実(たくみ) 生酛(きもと)純米大吟醸
雄町100%使用。伝統技法の生酛造りは、蔵人から蔵人に継承される「巧みの技」です。その巧みの技が実を結ぶ爽やかな吟醸の香りと透明感のある上品な味わいです。素敵なグラスでお楽しみください。

蔵人から蔵人に。う~む素晴らしい。クラウドからクラウドに。カタカナにしたら一気に意味がかわった(笑)

蔵人、くらうどかな? くろうど? ・・・、脱線したので戻します。

生もと造りは、空気中の乳酸菌を活用した天然の酵母育成法とのこと。わかるようなスッキリしないような・・。もう少し詳しく調べてみました。山廃との違いも知りたいしね。

「生もと」と「山廃」の違い

日本酒に必要な酒母(麹米・蒸米・水)を造るには乳酸菌が必要です。その乳酸菌の造り方が違うのが、生もとと山廃にわかれるポイントです(それ以外は速醸もと)。

ざっくりまとめるとこんな感じ。

造り方 いつからの製法?
速醸もと 市販の液状乳酸菌 明治~
生もと 米や米麹をすりつぶして 江戸時代~
山廃 すりつぶし作業をなくし、水で溶かす 生もとから派生
  • 生もと・山廃どちらも自然界から乳酸菌を発生させる方法は同じ
  • 生もとから山卸という蒸し米をすり潰す作業を廃止したのが山廃

山卸廃止で山廃(笑)大昔から略する文化はあったんだね。

ということで天然の乳酸菌を活かし野性味あふれる日本酒が「生もと・山廃」です。どちらも自然系の造り方は同じで、山卸をせず別の方法なのが山廃です。それぞれの味があるわけです。

まとめ 違いは山卸の有無

ということで「生もと」と「山廃」の違いは山卸の有無でした。

今回はこちらの「SAKETIMES」さんを参考にさせていただきました。詳しく知るとより日本酒が楽しくなりますねぇ。

参考 生酛造りとは?【わかりやすい!すぐに話せる!用語解説】 – SAKETIMES
参考 山廃仕込みとは?【わかりやすい!すぐに話せる!用語解説】 – SAKETIMES

味の違いは?

速醸もと 淡麗スッキリ
生もと・山廃 自然のパワフルなコクのある味わい

速醸もとはスッキリした味わいとのことなので、キュッとスッキリ飲みたい時にはもってこいですね。暑い夏に冷なんていいのかな。

生もとと山廃は自然のパワーが活きたコクのある味わいということですね。ガッツリお肉や、濃厚な料理にあうようです。なるほどー、次から肉料理には生もとをあわせてみようと思います。

料理にあわせて日本酒を選べるようになったらレベルアップですね。

初孫 巧実 生もと純米大吟醸

梱包されて説明用の封筒が添付された生酛純米大吟醸 巧実(たくみ)初孫

今回いただいた初孫は酒屋さんのいろいろな説明がついていました。丁寧ですね、こんなのがあるともらう側はうれしいね。

生酛純米大吟醸 巧実(たくみ)初孫の説明が書いてある添付資料

しかし、素朴な疑問なんですが「初孫」なの? 「巧実」なの? (笑)

初孫が巧実ちゃんだったのかなぁ。その辺謎ですがどっちがミドルネームかわかりません。普通に考えると初孫があんだけデカデカあるんだからそうだと思いますね。

生酛純米大吟醸 巧実(たくみ)初孫のタイプがグラフで書いてある添付資料

初孫巧実はココ、ってちゃんと書いてくれてます。

はじめに説明した「生もと・山廃」は濃厚でコクがある、と言いましたが違うね(笑)初孫はどちらかというと淡麗辛口に分類されるようです。やはり淡麗なのでヒヤがよいようですぞ。

純米酒や吟醸酒など種類について書いてある添付資料

純米大吟醸だから精米歩合は50%以下だね。吟醸酒に丸されてるけど謙遜なすって大吟醸です。

有名なので取扱店は多いかも

矢の先交差点にある酒店

そんなに頻繁に日本酒を飲むわけではないので、どの酒屋さんで取扱っているかなんて気にした事ありません。しかしよくよく思いだしてみると、酒屋さんののれんでもよく見かけますね。

宮崎市内の吉野酒店も「獺祭」に並び「初孫」ののれんがあるので取扱っている事でしょう。画像の見えますかね?

初孫どどん!

金ぴかりんですねぇ。

ではではおちょこに注いで~、と行くところですが中止です。画像ストックの中のどれが初孫かわからなくなりまして・・・(汗)

淡麗辛口でおいしかったっ!!

う~ん、なんだかやっつけな終わり方になってしまった。ま、どちらにせよお酒の批評ができるほどの舌は持ち合わせていないのであんまりかわんないか。

今日のまとめ

ということで「生もと」と「山廃」の違いはわかりましたね~。私は初孫巧実をおいしくいただきました。

詳しい造り方なんてしらなくてもお酒は飲めますが、少し知識があるだけでより楽しく味わう事ができます。よし、今後は料理にあわせて日本酒をチョイスしてみよう。みなさんもどうぞ~。。

初孫ラインナップ

初孫、巧実は楽天で販売されていました。見た時はアマゾンにはなかったんですよね。タイミングかなぁ。720mlであればそこそこのお値段で楽しめます。

魔斬というシリーズの方が有名なのかな。なんとなく聞いた事あるような。ちなみにこの魔斬にもノーマルタイプと生もとタイプがあります。飲み比べなんてしたらとても楽しそうじゃないですか。

こちらが生もと仕込みの「魔斬」

こちらが生もとではない純米辛口の初孫「魔斬」。ラベルに生もとと書いてあるか、書いていないかの違いなので購入する場合は注意をして下さい。

値段もあまりかわらないのでその辺よくわかりません。

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。

仮想通貨おすすめ取引所

これから仮想通貨(暗号通貨)をはじめるなら日本国内の取引所が安心。ハイリスクハイリターン!

初心者におすすめ「Coincheck」

ビットコインをはじめ、豊富な種類のアルトコインを取り扱っている取引所です。シンプルでわかりやすいので、初心者の方に特におすすめです。

※現在NEM盗難事件で新規ユーザー登録制限中です。

自動積立ができる「Zaif」

ビットコインなどの自動積立に唯一対応。ドルコスト平均法でリスクを抑えつつ投資することができます。

BitcoinはじめNEM・MONA・Ethereum も手数料を抑え購入可。少しクセはありますが、慣れたらフツーです。

ビットコインFXなら「bitFlyer」

ビットコインFXといえばbitFlyer。ビットコインでFXなら利用者が多く一番だと思います。取扱量日本一も伊達じゃないでしょう。

FXに自信がある方はココですね。

もっと詳しく知りたい方はこちら

仮想通貨に興味がある方はコチラのカテゴリで、初心者向けにまとめていますので是非ご覧ください。

仮想通貨(暗号通貨)ってなに? という初心者向けの記事です。これからはじめる方、興味がある方はこのカテゴリーからどうぞ。