ほぼ油入りチョコってホント?純粋なチョコレートは明治だけです

ほぼ油入りチョコってホント?純粋なチョコレートは明治だけです

袋から出した明治チョコレートの個包装パッケージ

みなさん、ほとんどのチョコレート製品に油(植物油脂)が入っているのはご存じですか?

植物油脂が入っているチョコレートは、チョコレートとして認めない国もあるくらいです。できれば、ちゃんとしたチョコレートが食べたいですよね。

ということで、今回は油の入っていない純粋なチョコレートをご紹介しましょう。唯一こだわりを通している明治チョコレートです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

明治が唯一のピュアチョコレート

明治、個包装チョコレート

板チョコと言えば、明治、ロッテ、森永の3メーカーがまず浮かびますね。

しかし森永、ロッテは残念ながら植物油脂が入っています。片や明治は、植物油脂がまったく入っていません。純粋なチョコレートと言っていいわけです。

永遠のピュアチョコレートのキャッチコピーを守っているわけです。ターゲットは「チョコレートを愛するすべての方へ」ですから、応援したいですね。

明治チョコレートの原材料

板チョコを買う場合はほぼ明治しか買いません。植物油脂を使わない、真面目なメーカーを応援したいでじゃないですか(使うから単純にダメってわけじゃないですが)。

しかもおいしいしね。

袋から出した明治チョコレートの個包装パッケージ

23個入ってました。板チョコを1枚1枚買うよりは、こっちの個包装の方がトータルで安上がりなので、いつもこっちを買って常備しています。

個包装パッケージ以外に、50gの板チョコと、

120gのチョコBOXがあります。

こちらのブログなんか、御三家チョコを詳細に比較していてすごいです。気になる一度ご覧ください。

先日、久しぶりに森永の板チョコを食べたところ、「味が変わった」と思い、原材料を見たところ、内容が変わっているではありませんか。また、明治、ロッテも、4年ほど前に板チョコの食べ比べをした時よりも量が少なってなっていました。「これは、あらためて食べ比べをすべきでは?」。ということで、4年ぶりに明治・ロッテ・森永のチョコレー...

今日のまとめ

油の混ぜ物なし、純粋なチョコレートをお探しの方は「明治チョコレート」をどうぞ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。

スポンサーリンク