【花邑 純米吟醸 酒未来】十四代が開発した酒米の生酒を飲むの巻

【花邑 純米吟醸 酒未来】十四代が開発した酒米の生酒を飲むの巻

日本酒備忘録

花邑の純米吟醸、酒未来の生酒でございます。す、すでにヨダレが…。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

花邑の純米吟醸生酒

あの十四代を醸す高木酒造の技術指導をうけて作られた、秋田の両関酒造の花邑(はなむら)です。

昨今の甘くてキレがある日本酒ブームの火付け役となった「十四代」。日本酒好きの方であれば、一度は名前を聞いたことがあるかと思います。 そんな十四代の製造技術を継承し、より濃ゆい存在感を出しているのが「花邑(はなむら)」です … Continued

今回買ってきたのは酒米も十四代開発の酒未来。さらに生酒。くぅぅ、すでにヨダレが…(2回目)。

ほら十四代はプレ値がキツくておいそれと買えないのよ。3,000円の10倍、3万円はちょっとね…。日本酒飲みはじめて結構たつので、プレ値ではできれば買いたくないのです(なので十四代はほぼ飲めない)。

秋ですねぇ。朝晩肌寒くなってきました。先日プレミアム日本酒の「十四代」を秋の味覚とともに飲みました。定価購入絶対不可能なお酒です。 ...

朝日鷹も6,000円~7,000円くらいに値上がりしてきたしね。

日本酒備忘録。 今回は朝日鷹 本醸造 低温貯蔵酒。あの十四代を造る高木酒造(山形県)の日本酒です。さてさてアル添ですがどんな感...

BBQですがせっかくなのでアユを。

さてさてなんか場違いな感じで花邑をいただくことにしましょう。

甘すぎずフルーティーでたまらん

※トラロープと花邑の画像がシュールだね

うぎゃぁぁ。うまい。これぞ芳醇旨口。やっぱり生酒は抜群にフレッシュです。いやぁ、飲めてよかったよ…。おいしい日本酒が飲めて幸せです。

※不思議な形のおちょこは「うすはり大吟醸」です↓

職人さんが一つひとつ手作りで作った、薄ガラスのおちょこを手に入れました。 とてもとても薄いガラスでできたグラスで、日本酒用にぴ...

天ぷらあげて、ミョウガを冷奴にのせていただきました。

日本酒度:-8.8、酸度:1.5とのことですが、年によってかわったりするのでこの辺謎です。

美酒王国秋田の超限定銘柄「花邑」の季節限定品、十四代の高木酒造が18年の歳月を手掛けた稀少な酒米「酒未来」で仕込んだ純米吟醸の生酒です。華やかで香り高い果実香、緻密で優しいなめらかな口当たり、味に膨らみがあり、旨味たっぷりの芳醇な両関スイートが口いっぱいに広がります。

日本酒度が-8.8と比較的甘いよりになるのかもですが、そこまで感じなかったなぁ。芳醇旨口。甘すぎずキレっとした感じでとてもおいしかったです。冷えている状態から温度が上がるとさらにフワっと香る感じでした。

<スポンサーリンク>

今日のまとめ

花邑のプロトタイプな位置づけの「hm50」とかもいずれ飲んでみたいもんです。

また飲みます、花邑。

リンク 楽天市場 | 花邑(はなむら)

生酒を開栓したら早く飲まないとね、後日ふるさと納税返礼品のイクラとおいしくいただきました。納税イクラ。

今年も残すところ3か月を切りました。年末に向けバタバタしないように、ぼちぼちふるさと納税を。 今回は北海道根室市のイクラでござ...

そのまた後日、冩楽の酒未来を飲みました。同じ酒米でも銘柄が違うと味も大きく違って楽しい(あたりまえ)。

日本酒備忘録。 今回は冩楽(しゃらく) 純米吟醸 酒未来。福島県会津若松市にある宮泉銘醸の日本酒でございます。 冩楽って...

日本酒の記事はこちらのカテゴリでまとめていますので是非どうぞ↓
リンク 日本酒カテゴリ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると、やる気がアップします!

下のボタンからフォローできます。

スポンサーリンク